日本の神々-古事記編-国生みによる神々

国生みの時に生まれた神々

水蛭子(ヒルコ)

  伊邪那岐伊邪那美が生んだ骨の無い蛭のような子

  両神によって葦の船に入れられ放流された

・淡島(アワシマ)

  伊邪那岐伊邪那美が生んだ島

淡路之穂之狭別島(アワジノホノサワケノシマ)(淡路島)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  淡路島を神格化したもの

伊予之二名島(イヨノフタナノシマ)(四国)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  体は一つで顔は四つあり、その顔ごとに名前がつけられ神格化されている

    ・愛比売(エヒメ) 伊予の国(愛媛県) 麗しい女性の意である

    ・飯依比古(イイヨリヒコ) 讃岐の国(香川県) 穀霊が依り憑く男性の意である

    ・大宜都比売(オオゲツヒメ) 粟(阿波)の国(徳島県) 穀物を司る女性の意である 神生みの段にも同名の神が出てくる

    ・建依別(タケヨリワケ) 土佐の国(高知県) 雄々しい霊が依り憑く男性の意である

天之忍許呂別(アメノオシコロワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  多くの島々が凝り固まったという意である

  隠伎之三子島(オギノミツゴノシマ)(島根北部 隠岐諸島)を神格化したもの

筑紫ノ島(九州)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  体は一つで顔は四つあり、その顔ごとに名前がつけられ神格化されている

    ・白日別(シラビワケ) 筑紫ノ国(筑前・筑後) 太陽の「輝く」という性質をもつ男性の意である

    ・豊日別(トヨヒワケ、トヨビワケ) 豊国(豊前・豊後) 太陽の「豊穣をもたらす」という性質をもつ男性の意である

    ・建日向日豊久土比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ) 肥ノ国(肥前・肥後)

    建日別(タケヒワケ、タケビワケ) 熊曾ノ国(熊曾族の住んだ国) 太陽の「雄々しい」という性質をもつ男性の意である

天比登都柱(アメヒトツバシラ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  伊伎ノ島(イキノシマ)(九州玄界灘 壱伎ノ島)を神格化したもの

・天之狭手依比売(アメノサデヨリヒメ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  津島(対馬)を神格化したもの

・天御虚空豊秋津根別(アメノミソラトヨアキヅネワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  大倭豊秋津島(オオヤマトトヨアキツシマ、オオヤマトトヨアキヅシマ)(畿内地域)を神格化したもので、これは後に本州を指す総名となる

  また大倭豊秋津島は五穀が豊かに実る島の意である

・建日方別(タケヒガタワケ、タケヒカタワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  吉備ノ児島(キビノコジマ)(岡山南部 児島半島)を神格化したもの

・大野手比売(オオノデヒメ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  小豆島(アズキシマ)(香川県 ショウドシマ)神格化したもの。

・大多麻流別(オオタマルワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  大島(瀬戸内海の島 未詳)を神格化したもの

・天一根(アメヒトツネ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  女島(ヒメジマ)(大分県 姫島)を神格化したもの

・天之忍男(アメノオシヲ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  知訶島(チカノシマ)(長崎県 五島列島)を神格化したもの

・天両屋(アメフタヤ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  両児島(フタゴノシマ)(長崎県 五島列島)を神格化したもの

 

前←古事記編-伊邪那岐・伊邪那美神-後

次→古事記編-神生みによる神々-前

スポンサーリンク

日本の神々-古事記編-創成

※括弧付きの数字は記事番号で、この記事外の時系列(原典表記順)で、その神についての説明があった場合に、説明の前に付けてある

時系列で追っていきたい場合はその部分は読み飛ばすことを推奨する

別天つ神(別天神)(コトアマツカミ

  別天つ神-天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)から天之常立神(アメノトコタチノカミ)までの五柱の神の総称、以下参照

  造化三神

    造化三神-天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)から神産巣日神(カムムスヒノカミ・カムムスビノカミ)までの三柱の神の総称、以下参照

 ・天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)

     男女の性をもたない単独神で、天の中心にいる主宰神

     造化三神別天つ神(コトアマツカミ)の内の一柱

     自ずから出現し、目に見える姿として現れることは無かった

  ・高御産巣日神(タカミムスヒノカミ・タカミムスビノカミ)

     世界の生成を司る男女の性をもたない単独神で、造化三神別天つ神(コトアマツカミ)の内の一柱

     自ずから出現し、目に見える姿として現れることは無かった

     思金神(オモイカネノカミ)の親

     別名に高木神(タカキノカミ 天若日子(アメノワカヒコ)の還矢の段に初出)がある

     (17)国譲り

     葦原中つ国を治めるのは、天照大御神の子どもの正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤビアメノオシホミミノミコト)であるとして、これを地上に降らせようとしたが、地上には荒々しい国つ神が数多くいるとの報告を受けて、思金神(オモイカネノカミ)を含む神々を天安河に集め、どの神を地上に遣わせれば国つ神たちを帰順させることが出来るかを議論させた

     何度も神を遣わすも尽く失敗し、結局三度目の会議の後、建御雷之男神を遣わすことで国つ神を帰順させることに成功した

    →詳細は古事記編-葦原中つ国の統治権の記事へ

     また二度目に会議の結果によって遣わした天若日子が射った矢を、反逆の心を持っているならば当たるようにという呪いをかけて衝き返して、同神を殺した

    →詳細は天若日子の還矢の段へ

     (24)天照大御神の子孫である神倭伊波礼毘古命が登美能那賀須泥毘古(トミノナガスネビコ)や熊野の荒ぶる神などに悩まされている様子を見て、天照大御神と共に建御雷之男神にもう一度天降るように持ち掛けるが、建御雷之男神は自身の代わりに、葦原中つ国の平定を担った大刀である佐士布都神を降ろすのが良いと言い、両神はこれを承諾した

  →詳細は神武東征-前の熊野の段へ

  ・神産巣日神(カムムスヒノカミ・カムムスビノカミ)

     世界の生成を司る男女の性をもたない単独神で、造化三神別天つ神(コトアマツカミ)の内の一柱

     自ずから出現し、目に見える姿として現れることは無かった

     少名毘古那神(スクナビコナノカミ)の親

     (11)須佐之男に殺された大宜都比売神(オオゲツヒメノカミ)の遺骸から蚕、稲種、粟、小豆、麦、大豆が生まれ、これを集めて種とさせた

     →詳細は須佐之男の記事の該当段へ

     (13)大国主神が殺されたことを刺国若比売(サシクニワカヒメ)から聞き、その蘇生のために貝比売(キサガイヒメ)蛤貝比売(ウムギヒメ)を遣わした

     →詳細は大国主神-前の八十神の虐げの段へ

・宇麻志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)

  男女の性をもたない単独神

  別天つ神(コトアマツカミ)の内の一柱

  水に浮かんだ油のように漂う地上から、葦が芽吹くように上に伸びたものから生まれる

  目に見える姿として現れることは無かった

  葦の新芽のような勢いを示す

・天之常立神(アメノトコタチノカミ)

  男女の性をもたない単独神

  別天つ神(コトアマツカミ)の内の一柱

  水に浮かんだ油のように漂う地上から、葦が芽吹くように上に伸びたものから生まれる

  目に見える姿として現れることは無かった

  永遠の天を表す

神世七代(カミヨナナヨ) 前

  神代七世-単独神は一柱で、男神女神は二柱一対で一代とし、国之常立神(クニノトコタチノカミ)から伊邪那美神(イザナミノカミ)までの七代のことを指す

  六代まで以下参照

・国之常立神(クニノトコタチノカミ)

  男女の性をもたない単独神

  神代七世(カミヨナナヨ)の一代目

  水に浮いた油のように漂っていた地から生まれる

  地が神格化したもの

  目に見える姿として現れることは無かった

・豊雲野神(トヨクモノカミ)

  男女の性をもたない単独神

  神代七世(カミヨナナヨ)の二代目

  水に浮いた油のような地が少しずつ固まっていく段階で生まれる

  その目に見える姿として現れることは無かった

・宇比地邇神(ウヒジニノカミ、ウヒヂニノカミ)

  男性神 須比智邇神(スヒジニノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の三代目

  水に浮いた油のような地が、次第に土と水(海)に分かれていく過程で生まれる

・須比智邇神(スヒジニノカミ、スヒヂニノカミ)

  女性神 宇比地邇神(ウヒジニノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の三代目

  水に浮いた油のような地が、次第に土と水(海)に分かれていく過程で生まれる

・角杙神(ツノグイノカミ)

  男性神 活杙神(イクグイノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の四代目

  土が次第に固まっていく過程で生まれ、土に植物が芽吹いていくことを示す

・活杙神(イクグイノカミ)

  女性神 角杙神(ツノグイノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の四代目

  土が次第に固まっていく過程で生まれ、土に植物が芽吹いていくことを示す

・意富斗能地神(オオトノジノカミ、オオトノヂノカミ)

  男性神 大斗乃弁神(オオトノベノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の五代目

  大地がしっかりと固まる過程で生まれる

・大斗乃弁神(オオトノベノカミ)

  女性神 意富斗能地神(オオトノジノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の五代目

  大地がしっかりと固まる過程で生まれる

・淤母陀琉神(オモダルノカミ)

  男性神 阿夜訶志古泥神(アヤカシコネノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の六代目

  大地が十分に整ったことから生まれる

・阿夜訶志古泥神(アヤカシコネノカミ)

  女性神 淤母陀琉神(オモダルノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の六代目

  大地が十分に整ったことから生まれる

  この時「あやにかしこし」と喜びの声をあげた

 

前←古事記編-前書き

次→古事記編-伊邪那岐・伊邪那美神-前

スポンサーリンク

日本の神々-一覧

五十音順 日本の神々一覧

一部神の名以外の名前もある

神名の後ろの数字は記事番号(時系列順)

ただし数字の後ろに括弧付け数字があるものは、括弧内が初出の記事番号

名の前に○が付いているものは同名の神あり

現在古事記編のみ

     

    

あ行

青沼馬沼押比売(アオヌマウマヌマオシヒメ)15

県主波延(アガタヌシのハエ)28

飽咋之宇斯能神(アキグイノウシノカミ)8

秋毘売神(アキビメノカミ)16

阿久斗比売(アクトヒメ)28

曙立命(アケタツノミコト)36

阿邪美都比売命(アザミツヒメノミコト)40

阿邪美能伊理毘売命(アザミノイリビメノミコト)38

阿遅鉏高日子根神(アジスキタカヒコネノカミ)17(15)

葦那陀迦神(アシナダカノカミ)15

足名椎(アシナヅチ)12

葦原色許男神(アシハラシコヲノカミ)13

阿須波神(アスハノカミ)16

阿多の小椅君(アタノオハシノキミ)26

阿比良日売(アヒラヒメ)26

天津国玉神(アマツクニタマノカミ)17

天津久米命(アマツクメノミコト)21

天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト)23

天津日子根命(アマツヒコネノミコト)10

天津麻羅(アマツマラ)10

天照大御神(アマテラスオオミカミ)9

天佐具売(アマノサグメ)17

天押帯日子命(アメオシタラシヒコノミコト)28

天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコト)20

天石門別神(アメノイワトワケノカミ)21

天宇受売命(アメノウズメノミコト)10

天之忍許呂別(アメノオシコロワケ)5

天忍日命(アメノオシヒノミコト)21

天之忍男(アメノオシヲ)5

天之尾羽張神(アメノオワバリノカミ)17(3)

天迦久神(アメノカクノカミ)17

天之久比奢母智神(アメノクヒザモチノカミ)6

天之闇戸神(アメノクラドノカミ)6

天児屋命(アメノコヤネノミコト)10

天之狭霧神(アメノサギリノカミ)6

天之狭土神(アメノサヅチノカミ)6

天之狭手依比売(アメノサデヨリヒメ)5

天手力男神(アメノタヂカラヲノカミ)10

天知迦流美豆比売(アメノチカルミズヒメ)16

天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネノカミ)12

天之常立神(アメノトコタチノカミ)2

天鳥船神(アメノトリフネノカミ)7

天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミノカミ)15

天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)12

天之御影神(アメノミカゲノカミ)31

天之甕主神(アメノミカヌシノカミ)15

天御虚空豊秋津根別(アメノミソラトヨアキヅネワケ)5

天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)2

天一根(アメヒトツネ)5

天比登都柱(アメヒトツバシラ)5

天之吹男神(アメノフキヲノカミ)6

天之菩卑能命(アメノホヒノミコト)17(10)

天火明命(アメノホアカリノミコト)21

天之水分神(アメノミクマリノカミ)6

天両屋(アメフタヤ)5

天若日子(アメノワカヒコ)17

阿夜訶志古泥神(アヤカシコネノカミ)2

荒河刀弁(アラカワトベ)33

阿和佐久御魂(アワサクミタマ)21

淡路之穂之狭別島(アワジノホノサワケノシマ)5

淡島(アワシマ)5

沫那芸神(アワナギノカミ)6

沫那美神(アワナミノカミ)6

安寧天皇(アンネイテンノウ)28

飯肩巣見命(イイカタスノミコト)34

飯日比売命(イイヒヒメノミコト)28

飯依比古(イイヨリヒコ)5

伊迦賀色許男命(イカガシコオノミコト)34

伊迦賀色許売命(イカガシコメノミコト)30

五十日帯日子王(イカタラシヒコノミコ)40

伊賀帯日子命(イガタラシヒコノミコト)40

伊賀比売命(イガヒメノミコト)33

活杙神(イクグイノカミ)2

活玉前玉比売命(イクタマサキタマヒメノカミ)15

活玉依毘売(イクタマヨリビメ)34

活津日子根命(イクツヒコネノミコト)10

伊玖米入日子伊沙知命(イクメイリヒコイサチノミコト)37

伊許婆夜和気命(イコバヤワケノミコト)40

伊邪那岐神(イザナギノカミ)3

伊邪那美神(イザナミノカミ)4

伊邪能真若命(イザノマワカノミコト)33

伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)10

伊豆能売神(イズノメノカミ)8

市寸島比売命(イチキシマヒメノミコト)10

五瀬命(イツセノミコト)26

懿徳天皇(イトクテンノウ)28

伊登志別王(イトシワケノミコ)40

稲瀬毘古王(イナセビコノミコ)40

稲田宮主須賀之八耳神(イナダノミヤヌシスガノヤミミノカミ)12

稲羽の素兎(イナバノシロウサギ)15

稲冰命(イナヒノミコト)23

印色之入日子命(イニシキノイリヒコノミコト)40

伊怒比売(イヌヒメ)16

井氷鹿(イヒカ)26

伊理泥王(イリネノミコ)35

岩押分之子(イワオシワクノコ)26

石巣比売神(イワスビメノカミ)6

石衝毘売命(イワツクビメノミコト)40

石衝別王(イワツクワケノミコ)40

石土毘古神(イワツチビコノカミ)6

石筒之男神(イワツツノヲノカミ)7

石拆神(イワサクノカミ)7

石長比売(イワナガヒメ)21

宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)12

宇沙都比古(ウサツヒコ)26

宇沙都比売(ウサツヒメ)26

宇豆比古(ウズヒコ)30

歌凝比売命(ウタコリヒメノミコト)39

宇陀の墨坂神(ウダノスミサカノカミ)34

宇都志国玉神(ウツシクニタマノカミ)13

内色許男命(ウツシコオノミコト)30

内色許売命(ウツシコメノミコト)30

宇都志日金拆命(ウツシヒガナサクノミコト)8

菟上命(ウナカミノミコト)36

蛤貝比売(ウムギヒメ)15

宇比地邇神(ウヒジニノカミ、ウヒヂニノカミ)2

宇麻志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)2

味師内宿祢(ウマシウチノスクネ)32

宇麻志麻遅命(ウマシマジノミコト)26

海佐知毘古(ウミサチビコ)23

―〈―(※孫(ウミノコ)〕〉28

上筒之男命(ウワヅツノヲノミコト)8

上津綿津見神(ウワツワタツミノカミ)8

兄宇迦斯(エウカシ)26

兄師木(エシキ)26

愛比売(エヒメ)5

兄比売(エヒメ)38

意富阿麻比売(オオアマヒメ)33

大雷神(オオイカヅチノカミ)8

大入杵命(オオイリキノミコト)33

大香山戸臣神(オオカグヤマトミノカミ)16

意富加牟豆美命(オオカムヅミノミコト)8

大吉備津日子命(オオキビツヒコノミコト)29

大吉備諸進命(オオキビノモロススミノミコト)29

大国主神(オオクニヌシノカミ)13,14

大国御魂神(オオクニミタマノカミ)16

大久米命(オオクメノミコト)26

大宜都比売(オオゲツヒメ)5

大宜都比売神(オオゲツヒメノカミ)7

大事忍男神(オオコトオシヲノカミ)6

大阪神(オオサカノカミ)34

意富多々泥古(オオタタネコ)34

大多麻流別(オオタマルワケ)5

大多牟坂王(オオタムサカノミコ)36

大土神(オオツチノカミ)16

大筒木垂根王(オオツツキタリネノミコ)35

大年神(オオトシノカミ)16

意富斗能地神(オオトノジノカミ、オオトノヂノカミ)2

大斗乃弁神(オオトノベノカミ)2

大戸日別神(オオトビワケノカミ、オオトヒワケノカミ)6

大戸惑子神(オオトマトヒコノカミ)6

大戸惑女神(オオトマトヒメノカミ)6

大直毘神(オオナオビノカミ)8

大中津日子命(オオナカツヒコノミコト)40

大穴牟遅神(オオナムチノカミ)13

意富那毘(オオナビ)30

大野手比売(オオノデヒメ)5

大毘古命(オオビコノミコト)30

大戸比売神(オオベヒメノカミ)16

大禍津日神(オオマガツヒノカミ)8

大俣王(オオマタノミコ)35

大目(オオメ)29

―〈―〔※大物主神(オオモノヌシノカミ)〕〉15

大八島国(オオヤシマクニ)3

大山咋神(オオヤマクイノカミ)16

大屋毘古神(オオヤビコノカミ)6

大山津見神(オオヤマツミノカミ)6

意富夜麻登玖迩阿礼比売命(オオヤマトクニアレヒメノミコト)29

大倭帯日子国押人命(オオヤマトタラシヒコクニオシヒトノミコト)28

大倭根子日子国玖琉命(オオヤマトネコヒコクニクルノミコト)30(29)

大倭根子日子賦斗迩命(オオヤマトネコヒコフトニノミコト)29

大倭日子鉏友命(オオヤマトヒコスキトモノミコト)28

大綿津見神(オオワタツミノカミ)6

淤迦美神(オカミノカミ)12

奥疎神(オキザカルノカミ)8

奥津甲斐弁羅神(オキツカイベラノカミ)8

奥津島比売命(オキツシマヒメノミコト)10

奥津那芸佐毘古神(オキツナギサビコノカミ)8

奥津日子神(オキツヒコノカミ)16

奥津比売命(オキツヒメノミコト)16

奥津余曾(オキツヨソ)28

息長宿祢王(オキナガスクネノミコ)36

息長帯比売命(オキナガタラシヒメノミコト)36

息長日子王(オキナガヒコノミコ)36

息長水依比売(オキナガミズヨリヒメ)31

奥山津見神(オクヤマツミノカミ)7

〇意祁都比売命(オケツヒメノミコト)31

〇袁祁津比売命(オケツヒメノミコト)31

袁邪弁王(オザベノミコ)40

袁邪本王(オザホノミコ)35

忍鹿比売命(オシカヒメノミコト)28

押黒兄日子王(オシクロノエヒコノミコ)42

押黒弟日子王(オシクロノオトヒコノミコ)42

落別王(オチワケノミコ)40

弟宇迦斯(オトウカシ)26

弟苅羽田刀弁(オトカリハタトベ)38

弟師木(オトシキ)26

弟比売(オトヒメノミコト)38

淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)7

小俣王(オマタノミコ)35

淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)12

思金神(オモイカネノカミ)10

淤母陀琉神(オモダルノカミ)2

か行

開花天皇(カイカテンノウ)31(30)

迦具夜比売命(カグヤヒメノミコト)38

香山戸臣神(カグヤマトミノカミ)16

香用比売(カグヨヒメ)16

香余理比売命(カゴヨリヒメノミコト)42

風木津別之忍男神(カザケツワケノオシヲノカミ)6

春日建国勝戸売(カスガノタケクニカツトメ)31

春日千々速真若比売(カスガノチヂハヤマワカヒメ)29

葛城高千那毘売(カヅラギノタカチナビメ)31

葛城高額比売(カヅラギノタカヌカヒメ)36

葛城垂見宿祢(カヅラギノタルミノスクネ)31

葛城長江曽都毘古(カヅラギノナガエノソツビコ)32

金山毘古神(カナヤマビコノカミ)7

金山毘売神(カナヤマビメノカミ)7

迦邇米雷王(カニメイカズチノミコ)36

迦毛大御神(カモノオオミカミ)17(15)

神世七代(カミヨナナヨ)2

神阿多都比売(カムアタツヒメ)21

神活須毘神(カムイクスビノカミ)16

神大市比売(カムオオイチヒメ)12

神大根王(カムオオネノミコ)

神直毘神(カムナオビノカミ)8

神沼河耳命(カムヌナカワミミノミコト)27(26)

神産巣日神(カムムスヒノカミ・カムムスビノカミ)2

神八井耳命(カムヤイミミノミコト)27(26)

神屋楯比売命(カムヤタテヒメノミコト)15

神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコノミコト)24

鹿屋野比売神(カヤノヒメノカミ)6

韓神(カラカミ)16

苅幡戸弁(カリハタトベ)31

苅羽田刀弁(カリハタトベ)38

河内の青玉(カワチノアオタマ)30

河俣稲依毘売(カワマタノイナヨリビメ)36

河俣比売(カワマタビメ)27

貝比売(キサガイヒメ)15

岐湏美美命(キスミミノミコト)26

木角宿祢(キノツノスクネ)32

木俣神(キノマタノカミ)15

岐比佐都美(キヒサツミ)39

吉備兄日子王(キビノエヒコノミコ)42

久延毘古(クエビコ)15

玖賀耳之御笠(クガミミノミカサ)34

久久紀若室葛根神(ククキワカムロツナネノカミ)16

久久年神(ククトシノカミ)16

久久能智神(ククノチノカミ)6

櫛石窓神(クシイワマトノカミ)21

櫛名田比売(クシナダヒメ)12

櫛御方命(クシミカタノミコト)34

櫛八玉神(クシヤタマノカミ)19

国忍富神(クニオシトミノカミ)15

国片比売命(クニカタヒメノミコト)33

国之久比奢母智神(クニノクヒザモチノカミ)6

国之闇戸神(クニノクラドノカミ)6

国之狭霧神(クニノサギリノカミ)6

国之狭土神(クニノサヅチノカミ)6

国之常立神(クニノトコタチノカミ)2

国之水分神(クニノミクマリノカミ)6

熊野久須毘命(クマノクスビノミコト)10

熊野高倉下(クマノノタカクラジ)26

久米摩伊刀比売(クメノマイトヒメ)32

闇淤加美神(クラオカミノカミ)7

闇御津羽神(クラミツハノカミ)7

闇山津見神(クラヤマツミノカミ)7

黒雷神(クロイカヅチノカミ)8

細比売命(クワシヒメノミコト)29

考安天皇(コウアンテンノウ)28

孝元天皇(コウゲンテンノウ)30

孝昭天皇(コウショウテンノウ)28

孝霊天皇(コウレイテンノウ)29

許勢小柄宿祢(コセノオカラノスクネ)32

別天つ神(別天神)(コトアマツカミ)2

事代主神(コトシロヌシノカミ)15

木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)21

木花知流比売(コノハナチルヒメ)12

さ行

槁根津日子(サオネツヒコ)26

前玉比売(サキタマヒメ)15

拆雷神(サクイカヅチノカミ)8

刺国大神(サシクニオオノカミ)12

刺国若比売(サシクニワカヒメ)12

佐士布都神(サジフツノカミ)26

讃岐垂根王(サヌキタリネノミコ)35

左波遅比売命(サハジヒメノミコト)38

沙本毘古王(サホビコノミコ)35

沙本毘売命(サホビメノミコト)38(35)

佐比持神(サヒモチノカミ)23

沙本大闇見刀売(サホノオオクラミトメ)31

塞坐黄泉戸大神(サヤリマスヨミドノオオカミ)8

狭依毘売命(サヨリビメノミコト)10

猿田毘古神(サルタビコノカミ)21

猿田毘古之男神(サルタビコノオノカミ)21

師木津日子玉手見命(シキツヒコタマテミノミコト)28

師木津日子命(シキツヒコノミコト)28

志芸山津見神(シギヤマツミノカミ)7

敷山主神(シキヤマヌシノカミ)15

下光比売命(シタテルヒメノミコト)17(15)

下照比売命(シタテルヒメノミコト)17(15)

志那都比古神(シナツヒコノカミ)6

志夫美宿祢王(シブミノスクネノミコ)35

白日別(シラビワケ)5

塩椎神(シオツチノカミ)23

神武天皇(ジンムテンノウ)24

綏靖天皇(スイゼイテンノウ)27(26)

垂仁天皇(スイニンテンノウ)37(33)

少名日子建猪心命(スクナヒコタケイゴコロノミコト)30

少名毘古那神(スクナビコナノカミ)15

崇神天皇(スジンテンノウ)33

須勢理毘売(スセリビメ)15

須比智邇神(スヒジニノカミ、スヒヂニノカミ)2

陶津耳命(スヱツミミノミコト)34

勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)26

造化三神(ゾウカサンシン、ゾウカノサンシン)2

蘇賀石河宿祢(ソガノイシカワノスクネ)32

底筒之男命(ソコヅツノヲノミコト)8

底津綿津見神(ソコツワタツミノカミ)8

底度久御魂(ソコドクミタマ)21

曾富理神(ソホリノカミ)16

虚空津日高(ソラツヒコ)22

虚空津比売命(ソラツヒメノミコト)36

た行

高木神(タカキノカミ)17(2)

高材比売(タカキヒメ)36

高木比売命(タカキヒメノミコト)42

高杙比売(タカクイビメ)36

高倉下(タカクラジ)26

竹野比売(タカノヒメ)31

高比売命(タカヒメノミコト)17(15)

高御産巣日神(タカミムスヒノカミ・タカミムスビノカミ)2

多芸志日古命(タギシヒコノミコト)28

多芸志美美命(タギシミミノミコト)27

当芸志美美命(タギシミミノミコト)27

多岐都比売命(タギツヒメノミコト)10

多紀理毘売命(タキリビメノミコト)10

建内宿祢(タケウチノスクネ)32

建豊波豆羅和気王(タケトヨハヅラワケノミコ)31

建沼河耳命(タケヌナカワミミノミコト)27

建沼河別命(タケヌナカワワケノミコト)32

建波迩安王(タケハニヤスノミコ)30

建波迩夜須毘古命(タケハニヤスビコノミコト)30

建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)11

建日方別(タケヒガタワケ、タケヒカタワケ)5

建日向日豊久土比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ)5

建比良鳥命(タケヒラトリノミコト)10

建日別(タケヒワケ、タケビワケ)5

建布都神(タケフツノカミ)7

建甕遣命(タケミカツノミコト)34

建御雷之男神(タケミカヅチヲノカミ)18(7)

建御名方神(タケミナカタノカミ)19

建依別(タケヨリワケ)5

多遅摩毛理(タジマモリ)39

丹波阿治佐波毘売(タニワノアジサハビメ)35

丹波河上摩須郎女(タニワノカワカミノマスノイラツメ)35

丹波遠津臣(タニワノトオツオミ)36

丹波比古多多湏美知能宇斯王(タニワノヒコタタスミチノウシノミコ)35

多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミノカミ)15

玉祖命(タマノオヤノミコト)10

玉依毘売(タマヨリビメ)23

道反大神(チガエシノオオカミ)8

千千都久和比売命(チヂツクワヒメノミコト)33

千々速比売命(チヂハヤヒメノミコト)29

道俣神(チマタノカミ)8

衝立船戸神(ツキタツフナドノカミ)8

月読命(ツクヨミノミコト)9

土雷神(ツチイカヅチノカミ)8

土之御祖神(ツチノミオヤノカミ)16

角杙神(ツノグイノカミ)2

都夫多都御魂(ツブタツミタマ)21

頬那芸神(ツラナギノカミ)6

頬那美神(ツラナミノカミ)6

手名椎(テナヅチ)12

十市之入日売命(トオチノイリヒメノミコト)33

遠津年魚目目微比売(トオツアユメマクワシヒメ)33

遠津待根神(トオツマチネノカミ)15

遠津山岬多良斯神(トオツヤマザキタラシノカミ)15

時置師神(トキオカシノカミ)8

時量師神(トキハカシノカミ)8

常根津日子伊呂泥命(トコネツヒコイロネノミコト)28

登美能那賀須泥毘古(トミノナガスネビコ)26

登美夜毘売(トミヤビメ)26

豊石窓神(トヨイワマトノカミ)21

登由宇気神(トヨウケノカミ)20

豊宇気毘売神(トヨウケビメノカミ)7

豊木入日子命(トヨキイリヒコノミコト)33

豊雲野神(トヨクモノカミ)2

豊鉏入日売命(トヨスキイリヒメノミコト)33

豊玉毘売(トヨタマビメ)23

豊戸別王(トヨトワケノミコ)42

豊日別(トヨヒワケ、トヨビワケ)5

豊御毛沼命(トヨミケヌノミコト)24

豊布都神(トヨフツノカミ)7

戸山津見神(トヤマツミノカミ)7

鳥之石楠船神(トリノイハクスブネノカミ)7

鳥鳴海神(トリナルミノカミ)15

鳥耳神(トリミミノカミ)15

な行

中筒之男命(ナカヅツノヲノミコト)8

中津綿津見神(ナカツワタツミノカミ)8

鳴女(ナキメ)17

夏高津日神(ナツタカツヒノカミ)16

夏之売神(ナツノメノカミ)16

泣沢女神(ナキサワメノカミ)7

鳴雷神(ナルイカヅチノカミ)8

迩芸速日命(ニギハヤヒノミコト)26

贄持之子(ニエモツノコ)26

庭高津日神(ニワタカツヒノカミ)16

庭津日神(ニワツヒノカミ)16

沼帯別命(ヌタラシワケノミコト)40

沼河比売(ヌナカワヒメ)15

沼名木郎女(ヌナキノイラツメ)42

沼名木之入日売命(ヌナキノイリヒメノミコト)33

布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミノカミ)15

沼代郎女(ヌノシロノイラツメ)42

沼羽田之入毘売命(ヌバタノイリビメノミコト)38

根拆神(ネサクノカミ)7

野椎神(ノヅチノカミ)6

怒能伊呂比売(ノノイロヒメ)32

は行

蠅伊呂抒(ハエイロド)29

蠅伊呂泥(ハエイロネ)29

波多八代宿祢(ハタノヤシロノスクネ)32

波邇夜須毘古神(ハニヤスビコノカミ)7

〇波迩夜須毘売(ハニヤスビメ)30

〇波邇夜須毘売神(ハニヤスビメノカミ)7

波比岐神(ハヒキノカミ)16

速秋津日子神(ハヤアキヅヒコノカミ、ハヤアキツヒコノカミ)6

速秋津比売神(ハヤアキヅヒメノカミ、ハヤアキツヒメノカミ)6

羽山津見神(ハヤマツミノカミ)7

羽山戸神(ハヤマトノカミ)16

原山津見神(ハラヤマツミノカミ)7

速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミノカミ)15

日河比売(ヒカワヒメ)12

比古伊佐勢理毘古命(ヒコイサセリビコノミコト)29

比古伊那許士別命(ヒコイナコジワケノミコト)32

日子坐王(ヒコイマスノミコ)31

比古意湏王(ヒコオスノミコ)35

日子国意祁都命(ヒコクニオケツノミコト)31

日子国夫玖命(ヒコクニブクノミコト)34

日子刺肩別命(ヒコサシカタワケノミコト)29

日子寤間命(ヒコサメマノミコト)29

比古布都押信命(ヒコフツオシノマコトノミコト)30

日子八井命(ヒコヤイノミコト)26

比古由牟湏美命(ヒコユムスミノミコト)31

聖神(ヒジリノカミ)16

肥長比売(ヒナガヒメ)39

日名照額田毘道男伊許知邇神(ヒナテリヌカタビチヲイコチニノカミ)15

比那良志毘売(ヒナラシビメ)15

火之炫毘古神(ヒノカガビコノカミ)7

火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)7

火之野芸速男神(ヒノヤギハヤヲノカミ)7

樋速日神(ヒハヤビノカミ)7

比婆須比売命(ヒバスヒメノミコト)36

比比羅木之其花麻豆美神(ヒヒラギノソノハナマズミノカミ)15

比売多多良伊湏気余理比売(ヒメタタライスケヨリヒメ)26

水蛭子(ヒルコ)5

深淵之水夜礼花神(フカフチノミズヤレハナノカミ)

伏雷神(フセイカヅチノカミ)8

布多遅能伊理毘売命(フタジノイリビメノミコト)40

布帝耳神(フテミミノカミ)12

布刀玉命(フトタマノミコト)12

賦登麻和訶比売命(フトマワカヒメノミコト)28

布怒豆怒神(フヌヅヌノカミ)12

布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)12

平群都久宿祢(ヘグリノツクノスクネ)32

辺疎神(ヘザカルノカミ)8

辺津甲斐弁羅神(ヘツカイベラノカミ)8

辺津那芸佐毘古神(ヘツナギサビコノカミ)8

火須勢理命(ホスセリノミコト)21

火照命(ホデリノミコト)23

火雷神(ホノイカヅチ)8

本牟智和気御子(ホムチワケノミコ)40

品牟都和気命(ホムツワケノミコト)40

火遠理命(ホヲリノミコト)22

ま行

正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤビアメノオシホミミノミコト)17(10)

正鹿山津見神(マサカヤマツミノカミ)7

真砥野比売命(マトノヒメノミコト)36

御井津比売(ミイツヒメ)35

御井神(ミイノカミ)15

朝庭別王(ミカドワケノミコ)36

甕主日子神(ミカヌシヒコノカミ)15

甕速日神(ミカハヤビノカミ)7

御毛沼命(ミケヌノミコト)23

三島の湟咋(ミシマノミゾクイ)26

水之穂真若王(ミズノホノマワカノミコ)35

水穂五百依比売(ミズホノイオヨリヒメ35

弥豆麻岐神(ミズマキノカミ)16

御倉板挙之神(ミクラタナノカミ)10

道臣命(ミチノオミノミコト)26

道之長乳歯神(ミチノナガチハノカミ)8

弥都波能売神(ミツハノメノカミ)7

御年神(ミトシノカミ)16

水戸神(ミナトノカミ)6

三貴子(ミハシラノウズミコ)9

御真木入日子印恵命(ミマキイリヒコイニエノミコト)33

御真津日子訶恵志泥命(ミマツヒコカエシネノミコト)28

御真津比売命(ミマツヒメノミコト)31

御真津比売命(ミマツヒメノミコト)33

美呂波神(ミロナミノカミ)15

向日神(ムカヒノカミ)16

室毘古王(ムロビコノミコ)35

や行

八上比売(ヤガミヒメ)15

八河江比売(ヤカワエヒメ)15

八坂入日子命(ヤサカノイリヒコノミコト)33

八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)12

八島牟遅能神(ヤシマムジノカミ)15

八雷神(ヤソイカヅチノカミ)8

八十禍津日神(ヤソマガツヒノカミ)8

八咫烏(ヤタガラス)26

八十矛神(ヤチホコノカミ)13

山佐知毘古(ヤマサチビコ)22

山下影日売(ヤマシタカゲヒメ)30

山代荏名津比売(ヤマシロノエナツヒメ)31

山城大国之淵(ヤマシロノオオクニノフチ)38

山代大筒木真若王(ヤマシロノオオツツキノマワカノミコ)35

山末之大主神(ヤマスエノオオヌシノカミ)16

八俣の大蛇(ヤマタノオロチ)12

倭飛羽矢若屋比売(ヤマトトビハヤワカヤヒメ)29

夜麻登登母母曾毘売命(ヤマトトモモソビメノミコト)29

倭日子命(ヤマトヒコノミコト)33

倭比売命(ヤマトヒメノミコト)40

山辺大鷹(ヤマノベノオオタカ)39

由碁理(ユゴリ)31

余曾多本毘売命(ヨソタホビメノミコト)28

黄泉醜女(ヨモツシコメ)4

万幡豊秋津師比売命(ヨロズハタトヨアキツシヒメノミコト)21

ら行

わ行

若雷神(ワカイカヅチノカミ)8

若木入日子王(ワカキイリヒコノミコ)42

若木入日子命(ワカキイリヒコノミコト)40

若沙那売神(ワカサナメノカミ)16

若年神(ワカトシノカミ)16

若日子建吉備津日子命(ワカヒコタケキビツヒコノミコト)29

若昼女神(ワカヒルメノカミ)15

若御毛沼命(ワカミケヌノミコト)24

若山咋神(ワカヤマクイノカミ)16

若倭根子日子大毘毘命(ワカヤマトネコヒコオオビビノミコト)31

若子宿祢(ワクゴノスクネ)32

和久産巣日神(ワクムスビノカミ)7

鸇比売(ワシヒメ)31

和豆良比能宇斯能神(ワズライノウシノカミ)8

和知都美命(ワチツミノミコト)28

スポンサーリンク

日本の神々-古事記編-前書き

前書き

古事記とは、稗田阿礼が暗誦したものを太安万侶が編纂したもので、その成立過程が故に物語的な形式をとる。成立は西暦712年元明天皇の御世であり、西暦720年の日本書紀よりも早い、日本最古の歴史書である。

本居宣長の注釈以後は今ほど重要視されてはいなかったようだが、現在は日本神話といえば古事記というほど知名度が高い。

ここでは、その古事記の中に現れる神々を時系列で辞書的にまとめていく。というのも、古事記の物語的な形式は神々の一柱ごとの説明としては不向きであると考えたからである。

古事記を読み込んでいる人だけでなく、古事記を初めて読んだ人、これから読もうと思っている人にとっても、その知識の整理、体系化の一助になると考えられる。また物語的な形式は個々が理解しにくいと感じるような人にとっては、これを追って見ていくだけで、古事記の概ねの理解は可能であると思っている。

それぞれの目的のための一助となれば幸いである。

参考文献

「新校 古事記」沖森卓也・佐藤信・矢嶋泉編 株式会社おうふう

「現代語訳 古事記」福本武彦訳 河出文庫

「古事記」緒方惟章訳 勉誠出版

「新版古事記」中村啓信訳注 角川文庫

画像データ使用

「http://www.craftmap.box-i.net/」日本地図データ

 

次→古事記編-創成

スポンサーリンク