赤

日本の神々-古事記編-建御雷之男神の段の神々

※括弧付きの数字は記事番号で、この記事外の時系列(原典表記順)で、その神についての説明があった場合に、説明の前に付けてある

時系列で追っていきたい場合はその部分は読み飛ばすことを推奨する

建御雷之男神の段に登場する神々

なお前後の記事で詳細に語られている神については、その記事へのリンクを貼るので、そこから飛んでもらいたい

・天之尾羽張神(アメノオワバリノカミ)

  詳しくはこちらの記事へ

鳥之石楠船神(トリノイハクスブネノカミ)

  ここでは天鳥船神(アメノトリフネノカミ)

  詳しくはこちらの記事へ

・事代主神(コトシロヌシノカミ)

  ここでは八重事代主神(ヤエコトシロヌシノカミ)

  詳しくはこちらの記事へ

・建御名方神(タケミナカタノカミ)

  大国主神の子

  千引きの岩(千人で引かなければ動かないほど大きく重い岩)を軽く持ち上げるほど力がある

  建御雷之男神(タケミカヅチヲノカミ)が大国主神に国譲りを迫った際に、建御雷之男神に対して勝負を持ち掛けるが、投げ飛ばされて敗走し、信濃国(長野県)の洲羽の海(諏訪湖)で追い詰められ、洲羽の地を出ないことと大国主神と八重事代主神に背かないことを条件に命を見逃してもらった

  →詳細は建御雷之男神の国譲りの段へ

・櫛八玉神(クシヤタマノカミ)

  速秋津日子神(ハヤアキヅヒコノカミ)速秋津比売神(ハヤアキヅヒメノカミ)、つまり水戸神の孫

  出雲国の多芸志(タギシ 島根県出雲市)の小浜に建御雷之男神(タケミカヅチヲノカミ)が作らせた大国主神の宮殿の料理係として魚料理を献上した

  →詳細は建御雷之男神の国譲りの段へ

 

前←古事記編-建御雷之男神

次→古事記編-邇邇芸命

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です