赤

日本の神々-古事記編-崇神天皇の段の神と人

ここでは崇神天皇の御世について書かれた段に登場する神々の記述をまとめる

大物主神の系譜(意富多々泥古の件で登場)

・活玉依毘売(イクタマヨリビメ)

  陶津耳命(スヱツミミノミコト)の娘

  大物主神(オオモノヌシノカミ)を相手にして、櫛御方命(クシミカタノミコト)を生んだ

  神のを生んだ経緯

  ある夜中、容姿端麗であった活玉依毘売の元に、比肩する者がいないほど立派な若い男が訪れた。二人は互いに恋に落ち、共に寝て、夜ごとに同じ時間を過ごすうちに、活玉依毘売は妊娠した。

  活玉依毘売の両親は結婚もしていない娘が、妊娠したことを不思議に思って、娘に訳を尋ねた。そしてその訳を聞いた両親は、男の正体を知るため娘に今夜床の前に赤土を撒いておき、男が来たら紡いだ麻糸を針に通しその着物に付けておくようにいった。

  活玉依毘売は教えられた通りにし、朝になって糸を辿ってみると、戸の鍵穴を通って外に続いており、さらに辿っていくと美和山(三輪山)の神社(大神神社)の社の中まで続いていた。

  このことから活玉依毘売が妊娠した子は大物主神の子であることが判明した。

  そしてこのときに残っていた麻糸が三勾(ミワ 三巻)分だったため、その地に美和(三輪)という名が付けられた。

・陶津耳命(スヱツミミノミコト)

  活玉依毘売(イクタマヨリビメ)の父

・櫛御方命(クシミカタノミコト)

  大物主神(オオモノヌシノカミ)と活玉依毘売(イクタマヨリビメ)の子

  子に飯肩巣見命(イイカタスノミコト)がいる

・飯肩巣見命(イイカタスノミコト)

  櫛御方命(クシミカタノミコト)の子で、大物主神(オオモノヌシノカミ)の孫

  子に建甕遣命(タケミカツノミコト)がいる

・建甕遣命(タケミカツノミコト)

  飯肩巣見命(イイカタスノミコト)の子で、大物主神(オオモノヌシノカミ)の曾孫

  子に意富多々泥古(オオタタネコ)がいる

・意富多々泥古(オオタタネコ)

  建甕遣命(タケミカツノミコト)の子であり、大物主神(オオモノヌシノカミ)の子孫

  神君〔ミワノキミ キミは姓(カバネ 一種の称号)〕と鴨君(カモノキミ)の祖

  疫病鎮め

  崇神天皇の御世に流行った疫病を鎮めるために、その原因である大物主神を御諸山(ミモロヤマ 三輪山)にて祀った。

  →詳細は崇神天皇の疫病鎮めの段へ

その他の崇神天皇の段に登場した神々

・伊迦賀色許男命(イカガシコオノミコト)

  崇神天皇の御世で流行った疫病を鎮める祭祀のために、天之八十平瓮(多数の神聖な土器)を作り、祀るべき天つ神国つ神の社を定めた

  →詳細は崇神天皇の疫病鎮めの段へ

・宇陀の墨坂神(ウダノスミサカノカミ)

  奈良盆地の東端を守る境界の神

  崇神天皇の御世に流行った疫病を鎮めるために、赤色の楯と矛を祀られた

  →詳細は崇神天皇の疫病鎮めの段へ

  奈良県宇陀市榛原萩原にある墨坂神社がこの社であり、これがまだ榛原西峠にあったころの話だろう

・大阪神(オオサカノカミ)

  奈良盆地の西端を守る境界の神

  崇神天皇の御世に流行った疫病を鎮めるために、黒色の楯と矛を祀られた

  →詳細は崇神天皇の疫病鎮めの段へ

  奈良県香芝市逢坂穴虫にある大阪山口神社がこの社だろう

・玖賀耳之御笠(クガミミノミカサ)

  丹波国(タニワノクニ 京都府北部)に勢力を持ったまつろわぬ者

  崇神天皇による平定の際、日子坐王(ヒコイマスノミコ)に殺された

  →詳細は崇神天皇の平定の段へ

・日子国夫玖命(ヒコクニブクノミコト)

  丸迩臣〔ワニノオミ オミは姓(カバネ 一種の称号)〕の祖

  崇神天皇に反逆した建波迩安王(タケハニヤスノミコ)の討伐のため、大毘古命(オオビコノミコト)に伴う形で出陣し、これを射殺した

  →詳細は大毘古命の記事へ

 

前←古事記編-崇神天皇

次→古事記編-開花天皇の系譜-前

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です