赤

日本の神々-古事記編-建速須佐之男命の段の神々

※括弧付きの数字は記事番号で、この記事外の時系列(原典表記順)で、その神についての説明があった場合に、説明の前に付けてある

時系列で追っていきたい場合はその部分は読み飛ばすことを推奨する

建速須佐之男命の段に登場する神々

・伊邪那岐神

  詳しくはこちらの記事へ

・伊邪那美神

  詳しくはこちらの記事へ

・天照大御神

  詳しくはこちらの記事へ

・大宜都比売神(オオゲツヒメノカミ)

  詳しくはこちらの記事へ

・神産巣日神(カミムスビノカミ)

  詳しくはこちらの記事へ

・櫛名田比売(クシナダヒメ)

  足名椎(アシナヅチ)手名椎(テナヅチ)の八人の娘の中の一人で、唯一八俣の大蛇に食われなかった少女

  出雲国の肥河(ヒノカワ 今の斐伊川)の上流にある鳥髪の地よりも、さらに上流の屋敷に足名椎、手名椎と共に住んでいた

  須佐之男に八俣の大蛇から助けてもらい、その後妻となって八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)生んだ

  →詳細は須佐之男の八俣の大蛇の段

・足名椎(アシナヅチ)

  手名椎(テナヅチ)の夫、大山津見神(オオヤマツミノカミ)の子で、老翁の姿の国つ神

  出雲国の肥河(ヒノカワ 今の斐伊川)の上流にある鳥髪の地よりも、さらに上流の屋敷に手名椎と、娘である櫛名田比売(クシナダヒメ)と共に住んでいた

  須佐之男に、娘が八俣の大蛇に食い殺されるところを助けてもらい、後にその二柱の新婚のための宮殿の長に任命される

  →詳細は須佐之男の八俣の大蛇の段

  別名に稲田宮主須賀之八耳神(イナダノミヤヌシスガノヤミミノカミ)がある

・手名椎(テナヅチ)

  足名椎(アシナヅチ)の妻

  出雲国の肥河(ヒノカワ 今の斐伊川)の上流にある鳥髪の地よりも、さらに上流の屋敷に夫である足名椎と、娘である櫛名田比売(クシナダヒメ)と共に住んでいた

  須佐之男に、娘が八俣の大蛇に食い殺されるところを助けてもらった

  →詳細は須佐之男の八俣の大蛇の段

・八俣の大蛇(ヤマタノオロチ)

  出雲国北部の八つ首の大蛇で、神格はあると思われる

  目はほおずきのように真赤で、胴体一つに八つの頭と八つの尾があり、身体は八つの谷、八つの峰にわたるほど長く、胴は苔むして杉や檜などが生えており、その腹は常に血でただれている

  足名椎手名椎の娘を毎年一人ずつ食い殺していたが、八人目の娘である櫛名田比売(クシナダヒメ)を食い殺す前に、酒樽八つ分の八塩折(ヤシオオリ 何度も醸造を繰り返した強い酒)の酒を飲んで眠ってしまい、その間に須佐之男十拳剣で肥河(ヒノカワ 今の斐伊川)が血で赤く染まるほど滅多切りにされた

  →詳細は須佐之男の八俣の大蛇の段へ

・八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)

  須賀の宮で須佐之男櫛名田比売(クシナダヒメ)の間に生まれた子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の一代目

  木花知流比売(コノハナチルヒメ)を妻として、布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)を生んだ

・木花知流比売(コノハナチルヒメ)

  大山津見神(オオヤマツミノカミ)の娘

  八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)を夫として布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)を生んだ

・布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)

  八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)木花知流比売(コノハナチルヒメ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の二代目

  日河比売(ヒカワヒメ)を妻として、深淵之水夜礼花神(フカフチノミズヤレハナノカミ)を生んだ

・日河比売(ヒカワヒメ)

  竜神である淤迦美神の娘

  布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)を夫として、深淵之水夜礼花神(フカフチノミズヤレハナノカミ)を生んだ

・淤迦美神(オカミノカミ)

  竜神

  闇淤加美神(クラオカミノカミ)のこと、もしくはそれらの総称神

  日河比売(ヒカワヒメ)比那良志毘売(ヒナラシビメ)の父

・深淵之水夜礼花神(フカフチノミズヤレハナノカミ)

  布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)日河比売(ヒカワヒメ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の三代目

  天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネノカミ)を妻として、淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)を生んだ

・天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネノカミ)

  水集めの神

  深淵之水夜礼花神(フカフチノミズヤレハナノカミ)を夫として、淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)を生んだ

・淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)

  深淵之水夜礼花神(フカフチノミズヤレハナノカミ)天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネノカミ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の四代目

  布帝耳神(フテミミノカミ)を妻として、天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)を生んだ

・布帝耳神(フテミミノカミ)

  布怒豆怒神(フヌヅヌノカミ)の娘

  淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)を夫として、天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)を生んだ

・布怒豆怒神(フヌヅヌノカミ)

  布帝耳神(フテミミノカミ)の父

・天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)

  淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)布帝耳神(フテミミノカミ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の五代目

  刺国若比売(サシクニワカヒメ)を妻として、大国主神(オオクニヌシノカミ)を生んだ

・刺国若比売(サシクニワカヒメ)

  刺国大神(サシクニオオノカミ)の娘

  天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)を夫として、大国主神(オオクニヌシノカミ)を生んだ

・刺国大神(サシクニオオノカミ)

  刺国若比売(サシクニワカヒメ)の父

・大国主神

  詳しくはこちら()の記事へ

・神大市比売(カムオオイチヒメ)

  大山津見神(オオヤマツミノカミ)の娘

  須佐之男の妻になり、大年神(オオトシノカミ)宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)を生んだ

・大年神(オオトシノカミ)

  詳しくはこちらの記事へ

・宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)

  須佐之男神大市比売(カムオオイチヒメ)の子で、穀物の神

 

前←古事記編-建速須佐之男命

次→古事記編-大国主神-前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です