赤

日本の神々-古事記編-垂仁天皇の段の神と人

ここでは垂仁天皇の段に登場した神と人についての記述をまとめる

沙本毘古王(サホビコノミコ)

沙本毘売命(サホビメノミコト)

兄比売命(エヒメ)

弟比売(オトヒメ)

本牟智和気御子(ホムチワケノミコ)

・山辺大鷹(ヤマノベノオオタカ)

  垂仁天皇の御世の人

  成長しても言葉を発しない本牟智和気御子(ホムチワケノミコ)が、白鳥の声を聞いて口を動かしたのを知って、垂仁天皇は山辺大鷹にその白鳥を捕えるように命じた。

  勅命を受けた山辺大鷹は木国(紀伊国 和歌山県、三重県南部)、針間国(播磨国 兵庫県南西部)、稲羽国(因幡国 鳥取県東部)、旦波国(丹波国 京都府、大阪府、兵庫県の一部)、多遅麻国(但馬国 兵庫県北部)、近淡海国(近江国 滋賀県)、三野国(美濃国 岐阜県)、尾張国、科野国(信濃国 長野県)、高志国(越国 北陸地方)と白鳥を追いかけ、遂に和那美の水門(ワナミノミナト 新潟県)で網の罠により捕えることに成功した。(この和那美というのも罠網から名付けられた地名である)

  そして山辺大鷹は捕えた白鳥を都に戻って献上したが、その白鳥を見ても本牟智和気御子は喋らなかった。

  →詳細は垂仁天皇の記事の物言わぬ御子の段へ

出雲の大神(大国主神)

曙立王(アケタツノミコ)

菟上命(ウナカミノミコト)

・岐比佐都美(キヒサツミ)

  出雲国造〔イズモノクニノミヤツコ ミヤツコは姓(カバネ 一種の称号)〕の祖

  大国主神の宮への参詣を終えた本牟智和気御子(ホムチワケノミコ)らが、出雲国肥河(ヒノカワ 現在の斐伊川)の岸に仮の宮を建てて休んでいたときに、岐比佐都美は食事を持ってきた。

  その際に、岐比佐都美が肥河の川下にあらかじめ作っておいた茂った木製の山状の飾りを、御子が見て「葦原色許男大神(アシハラシコヲノオオカミ)を祀るために榊を立てた祭壇であるか」と尋ねた。

  これによって御子の言葉を話さないという祟りが解けたことが証明された。

  →詳細は垂仁天皇の記事の物言わぬ御子の段へ

・肥長比売(ヒナガヒメ)

  本牟智和気御子(ホムチワケノミコ)の妻で、その正体は蛇

  御子が檳榔の長穂宮(アジマサノナガホノミヤ 蒲葵のことでヤシに似ている)にいたときに、床を共にし結婚した。しかし蛇でいるところを見られ、御子は船で逃げ出してしまった。

  肥長比売は逃げた後を船で追ったが、御子は船を陸に上げて陸路を使って都に戻ってしまった。

  →詳細は垂仁天皇の記事の物言わぬ御子の段へ

・歌凝比売命(ウタコリヒメノミコト)

  丹波比古多多湏美知能宇斯王(タニワノヒコタタスミチノウシノミコ)の子で、開花天皇の曾孫

  (38)垂仁天皇との婚姻

  沙本毘売命(サホビメノミコト)垂仁天皇の后候補として、美知能宇斯王の娘を挙げたので、三人の姉妹と共に天皇に召し上げられたが、容貌が醜いとして送り返された。

   →詳細は垂仁天皇-前の記事の美知能宇斯王の娘たちの段へ

円野比売命(マトノヒメノミコト)

・多遅摩毛理(タジマモリ)

  三宅連〔ミヤケノムラジ ムラジは姓(カバネ 一種の称号)〕らの祖

  垂仁天皇に命じられて、時じくのかくの木の実(四季を通じて実る香り高い木の実 橘のこととされる)を常世国まで取りに行った。

  しかし持ち帰ったとき、垂仁天皇は既に崩御しており、多遅摩毛理は大后である氷羽州比売命(比婆須比売命、※兄比売)に半分、天皇の御陵の入り口にもう半分を献上した後、泣き叫び死んだ。

  →詳細は垂仁天皇-後の時じくのかくの木の実の段へ

 

前←古事記編-垂仁天皇-後

次→古事記編-垂仁天皇の系譜

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です