赤

日本の神々-古事記編-大国主神の段の神々

※括弧付きの数字は記事番号で、この記事外の時系列(原典表記順)で、その神についての説明があった場合に、説明の前に付けてある

時系列で追っていきたい場合はその部分は読み飛ばすことを推奨する

大国主神の段に登場する神々

・八上比売(ヤガミヒメ)

  稲羽国(後の因幡国 鳥取県)に住んでいた娘

  大国主神の兄弟の神々から求婚を受けるが、これを断って大国主神との結婚を約束する

  →詳細は大国主神-前の稲羽の素兎の段へ

  その後根堅洲国(ネノカタスクニ)から戻った大国主神と結婚し、子を生むが、正妻である須勢理毘売(スセリビメ)を恐れて、その子である木俣神(キノマタノカミ)を木の俣に挟んで稲羽国に帰った

・木俣神(キノマタノカミ)

  大国主神八上比売(ヤガミヒメ)の子で、木の俣に宿る神

  母神によって木の俣に挟まれたことからその名が付いた

  別名に御井神(ミイノカミ)がある

・稲羽の素兎(イナバノシロウサギ)

  稲羽国(後の因幡国 鳥取県)の兎、兎神と呼ばれることもある

  気多の岬(鳥取県 白兎海岸)で、和邇〔鰐 ワニ 出雲周辺でのサメの古名 または外国からの伝承にある原語(ワニ)の流用、つまり爬虫類の鰐の意〕により皮を剥がれ、大国主神の兄弟の神々の虚言により、身体の表面が裂かれた状態で苦しんでいるところを、大国主神に助けられた

  また大国主神が八上比売と結婚することを予言した

  →詳細は大国主神-前の稲羽の素兎の段へ

・刺国若比売(サシクニワカヒメ)

  詳しくはこちらの記事へ

・神産巣日神(カムムスヒノカミ)

  詳しくはこちらの記事へ

・貝比売(キサガイヒメ)

  神産巣日神大国主神の兄弟の神々によって殺された大国主神の治療と蘇生を命じられ、葦原中つ国に派遣された赤貝

  蛤貝比売(ウムギヒメ)と協力して薬を作り、大国主神を蘇生した

  →詳細は大国主神-前の八十神の虐げの段へ

・蛤貝比売(ウムギヒメ)

  神産巣日神大国主神の兄弟の神々によって殺された大国主神の治療と蘇生を命じられ、葦原中つ国に派遣された蛤

  貝比売(キサガイヒメ)と協力して薬を作り、大国主神を蘇生した

  →詳細は大国主神-前の八十神の虐げの段へ

・大屋毘古神(オオヤビコノカミ)

  詳しくはこちらの記事へ

・須勢理毘売(スセリビメ)

  須佐之男の娘

  大国主神と共に出雲国に鎮座する

  根堅洲国(ネノカタスクニ)で大国主神と出会い結婚し、父神の試練を受ける夫を何度も助けた末、共に父神の元を去った

  →詳細は大国主神-前の根堅洲国の段へ

  神語(カムガタリ)では自分と距離を置こうとする大国主神を引き留めた

  →詳細は大国主神-後の神語の該当段へ

・建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)

  詳しくはこちらの記事へ

・沼河比売(ヌナカワヒメ)

  越の国(コシノクニ 越後国 新潟県)の娘

  大国主神の求婚を一度退けた後、受け入れ結婚した

  →詳細は大国主神-後の神語の該当段へ

・多紀理毘売命(タキリビメノミコト)

  詳しくはこちらの記事へ

・阿遅鉏高日子根神(アヂスキタカヒコネノカミ)

  詳しくはこちらの記事へ

・高比売命(タカヒメノミコト)

  詳しくはこちらの記事へ

・神屋楯比売命(カムヤタテヒメノミコト)

  大国主神を夫に事代主神(コトシロヌシノカミ)を生んだ

・事代主神(コトシロヌシノカミ)

  大国主神神屋楯比売命(カムヤタテヒメノミコト)の子

  別名に八重事代主神(ヤエコトシロヌシノカミ 初出は建御雷之男神の国譲りの段がある

  (18)建御雷之男神(タケミカヅチヲノカミ)が大国主神に国譲りを迫った際に、大国主神の息子として葦原中つ国天つ神に献上するという旨の意見を述べた後、自身の乗っていた船に神座を作り隠れた

  →詳細は建御雷之男神の国譲りの段へ

・八島牟遅能神(ヤシマムジノカミ)

  鳥耳神(トリミミノカミ)の父

・鳥耳神(トリミミノカミ)

  八島牟遅能神(ヤシマムジノカミ)の娘

  大国主神を夫に鳥鳴海神(トリナルミノカミ)を生んだ

・鳥鳴海神(トリナルミノカミ)

  大国主神鳥耳神(トリミミノカミ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の七代目

  日名照額田毘道男伊許知邇神(ヒナテリヌカタビチヲイコチニノカミ)を妻として、国忍富神(クニオシトミノカミ)を生んだ

・日名照額田毘道男伊許知邇神(ヒナテリヌカタビチヲイコチニノカミ)

  鳥鳴海神(トリナルミノカミ)を夫に、国忍富神(クニオシトミノカミ)を生んだ

・国忍富神(クニオシトミノカミ)

  鳥鳴海神(トリナルミノカミ)日名照額田毘道男伊許知邇神(ヒナテリヌカタビチヲイコチニノカミ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の八代目

  葦那陀迦神(アシナダカノカミ)を妻に、速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミノカミ)を生んだ

・葦那陀迦神(アシナダカノカミ)

  国忍富神(クニオシトミノカミ)を夫に、速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミノカミ)を生んだ

  別名に八河江比売(ヤカワエヒメ)がある

・速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミノカミ)

  国忍富神(クニオシトミノカミ)葦那陀迦神(アシナダカノカミ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の九代目

  前玉比売(サキタマヒメ)を妻に、甕主日子神(ミカヌシヒコノカミ)を生んだ

天之甕主神(アメノミカヌシノカミ)

  前玉比売(サキタマヒメ)の父

・前玉比売(サキタマヒメ)

  天之甕主神(アメノミカヌシノカミ)の娘

  速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミノカミ)を夫に、甕主日子神(ミカヌシヒコノカミ)を生んだ

・甕主日子神(ミカヌシヒコノカミ)

  速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミノカミ)前玉比売(サキタマヒメ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の十代目

  比那良志毘売(ヒナラシビメ)を妻に、多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミノカミ)を生んだ

・比那良志毘売(ヒナラシビメ)

  淤迦美神(オカミノカミ)の娘

  甕主日子神(ミカヌシヒコノカミ)を夫に、多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミノカミ)を生んだ

・多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミノカミ)

  甕主日子神(ミカヌシヒコノカミ)比那良志毘売(ヒナラシビメ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の十一代目

  活玉前玉比売命(イクタマサキタマヒメノカミ)を妻に、美呂波神(ミロナミノカミ)を生んだ

・活玉前玉比売命(イクタマサキタマヒメノカミ)

  比比羅木之其花麻豆美神(ヒヒラギノソノハナマズミノカミ)の娘

  多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミノカミ)を夫に、美呂波神(ミロナミノカミ)を生んだ

・比比羅木之其花麻豆美神(ヒヒラギノソノハナマズミノカミ)

  活玉前玉比売命(イクタマサキタマヒメノカミ)の父

・美呂波神(ミロナミノカミ)

  多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミノカミ)活玉前玉比売命(イクタマサキタマヒメノカミ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の十二代目

  青沼馬沼押比売(アオヌマウマヌマオシヒメ)を妻に、布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミノカミ)を生んだ

・青沼馬沼押比売(アオヌマウマヌマオシヒメ)

  敷山主神(シキヤマヌシノカミ)の娘

  美呂波神(ミロナミノカミ)を夫に、布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミノカミ)を生んだ

・敷山主神(シキヤマヌシノカミ)

  青沼馬沼押比売(アオヌマウマヌマオシヒメ)の父

・布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミノカミ)

  美呂波神(ミロナミノカミ)青沼馬沼押比売(アオヌマウマヌマオシヒメ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の十三代目

  若昼女神(ワカヒルメノカミ)を妻に、天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミノカミ)を生んだ

・若昼女神(ワカヒルメノカミ)

  布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミノカミ)を夫に、天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミノカミ)を生んだ

・天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミノカミ)

  布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミノカミ)若昼女神(ワカヒルメノカミ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の十四代目

  遠津待根神(トオツマチネノカミ)を妻に、遠津山岬多良斯神(トオツヤマザキタラシノカミ)を生んだ

・遠津待根神(トオツマチネノカミ)

  天之狭霧神(アメノサギリノカミ)の娘

  天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミノカミ)を夫に、遠津山岬多良斯神(トオツヤマザキタラシノカミ)を生んだ

・遠津山岬多良斯神(トオツヤマザキタラシノカミ)

  天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミノカミ)遠津待根神(トオツマチネノカミ)の子

  十七世神(トオマリナナヨノカミ)の十五代目

・久延毘古(クエビコ)

  案山子(カカシ)のことで、歩かないけれども天下の事なら何でも知っているとされる神

  奈良平安時代は山田の曽富騰(ソホド)と呼ばれた

  大国主神少名毘古那神の名と出自を教えた

  →詳細は大国主神-後の少名毘古那神の段へ

・少名毘古那神(スクナビコナノカミ)

  神産巣日神の子で、ガガイモの実の船に乗れるほど小さい神

  出雲国の御大(ミホ)の岬(後の美保の岬 島根県八束郡美保関)で大国主神に会い、同神と兄弟となり、協力して葦原中つ国の基盤を作った

  その後常世の国に渡る

  →詳細は大国主神-後の少名毘古那神の段へ

・―(―)

  大和国(ヤマトノクニ 奈良県)の三輪山に祀られている神

  (33)において、三輪山に祀られている神は大物主神(オオモノヌシノカミ)であると記述されており、現在ではその正体は大国主神の和魂とされている

  大国主神との交渉

  少名毘古那神が常世の国へ渡ってしまい、途方に暮れていた大国主神に自分を三輪山に祀らないと国作りに協力しないどころか、上手くいかないと言い祀らせた。

  →詳細は大国主神-後の少名毘古那神の段へ

  (26)勢夜陀多良比売との結婚

  勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)に見惚れて結婚し、後に神武天皇の大后となる伊湏気余理比売(イスケヨリヒメ)を生んだ

  →詳細は伊湏気余理比売の出生の経緯の段へ

  (33)疫病の誘起

  崇神天皇の御世に、自らの子孫に自身を祀らせるために疫病を引き起こした。

  →詳細は崇神天皇の疫病鎮めの段へ

  (34)活玉依毘売

  活玉依毘売(イクタマヨリビメ)の元を夜ごとに訪れて共に過ごし、櫛御方命(クシミカタノミコト)を生んだ。正体を隠していたが、活玉依毘売の両親の策によって、大神神社に帰るところが知られてしまった。

  →詳細は活玉依毘売の記事へ

 

前←古事記編-大国主神-後

次→古事記編-大年神の神裔

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です