赤

日本の神々-古事記編-邇邇芸命

※括弧付きの数字は記事番号で、この記事外の時系列(原典表記順)で、その神についての説明があった場合に、説明の前に付けてある

時系列で追っていきたい場合はその部分は読み飛ばすことを推奨する

・天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコト)

  正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤビアメノオシホミミノミコト)万幡豊秋津師比売命(ヨロズハタトヨアキツシヒメノミコト)の子

  名は稲穂が賑々しく豊かに実ることを示す

  伊須受能宮(イスズノミヤ 五十鈴宮 伊勢神宮の内宮のこと)に鎮座している

  木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)を妻に、火照命(ホデリノミコト)火須勢理命(ホスセリノミコト)火遠理命(ホヲリノミコト)を生んだ

  天孫降臨

  建御雷之男神から葦原中つ国平定の報告(詳細)を受けた天照大御神は、当初の予定通りに正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤビアメノオシホミミノミコト)に葦原中つ国へ降り統治するように命じたが、天之忍穂耳命が葦原中つ国平定中に生まれた自分の子である、日子番能邇邇芸命を代わりに行かせることを提案し、天照大御神もそれを認めたため、日子番能邇邇芸命が降りて統治することになった

  そして日子番能邇邇芸命が降ろうとしたとき、葦原中つ国への道(天の道)の途中にある八つ辻(八又の分岐点)に、上は高天原を下は葦原中つ国を照らしている神がおり、その道を塞いでいた

  日子番能邇邇芸命は、天照大御神と高木神(タカキノカミ)の命令を受け、天宇受売命(アメノウズメノミコト)にその素性と道を塞いでいるわけを尋ねさせた

  天宇受売命が一人で近くまで行って尋ねると、その神は国つ神の猿田毘古神(サルタビコノカミ)と名乗り、天つ神の御子が降ると聞いたので道案内をするつもりだったと答えた

  そうして日子番能邇邇芸命は、天児屋命(アメノコヤネノミコト)布刀玉命(フトタマノミコト)、天宇受売命、伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)玉祖命(タマノオヤノミコト)の神事を司る五部族の長の五柱〔五伴緒神(イツトモノヲノカミ)〕と、天岩屋戸事件の際詳細に天照大御神を招きだした八尺の勾玉(ヤサカノマガタマ)八咫鏡(ヤタノカガミ)草那芸剣(クサナギノツルギ)の神器、その際に功のあった常世思金神(トコヨノオモイカネノカミ オモイカネノカミの別名で初出)手力男神(タヂカラヲノカミ)と、御門(ミカド)の神である天石門別神(アメノイワトワケノカミ)の三柱、そして天忍日命(アメノオシヒノミコト)天津久米命(アマツクメノミコト)の二柱を伴って、天降ることになった

  その際に天照大御神は八咫鏡を自身の魂として、自身にするのと同じように祀ることと、常世思金神にその祭事を取り仕切ることを命じた

  また天忍日命と天津久米命の二柱は、堅固な靫(ユギ)を背負い、腰に頭椎之大刀(クブツチノタチ)を佩び、手に天之波士弓(アメノハジユミ)を持ち、天之真鹿児矢(アメノマカゴヤ)を手に挟んで、一行の先導役を務めた

  日子番能邇邇芸命は高天原の石座(イワクラ)から発ち、八重多那雲(ヤエタナグモ 幾重も棚引く雲)を掻き分けて、天浮橋(アメノウキハシ)の側にある浮洲に降り立ってから、筑紫の日向にある霊峰高千穂に天降った

  そしてこの地は韓国(カラクニ 現在の朝鮮半島※諸説あり)に向き合い、また尋ね行けば笠沙の岬(カササノミサキ 現在の鹿児島県の野間岬)まで通り、朝日が真っ直ぐ射し、夕日照り輝く吉の土地であるとして、地の底を基盤にし宮柱(神殿の柱)を深く突き立て、高天原に向かって千木(チギ)を高くした宮殿を作り鎮座した

  降った後に、日子番能邇邇芸命は天宇受売命に猿田毘古神をその鎮座地まで送ることと、猿田毘古神の名を継承し仕え祀ることを命じた

  木花之佐久夜毘売

  日子番能邇邇芸命は笠沙の岬で、見目麗しい木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)に会い求婚した

  彼女の父である大山津見神(オオヤマツミノカミ)はこの話を喜んで受け入れ、木花之佐久夜毘売にたくさんの結納の品を持たせ、またその姉である石長比売(イワナガヒメ)も合わせて、日子番能邇邇芸命の元に送った

  しかし石長比売はとても醜く、日子番能邇邇芸命は一目見て恐ろしく感じたため父神の元へ送り返し、木花之佐久夜毘売だけを留めて、一夜を共にし結婚の契りを交わした

  大山津見神は石長比売が送り返されたことに恥をかかされたと感じ、「石長比売を妃としたならば、天つ神の子孫の命は雪が降り風が吹いても堅固にそこに在り続ける岩のように久しくなる」、「木花之佐久夜毘売を妃としたならば、天つ神の子孫は山に咲き誇る桜のようによく栄える」という内容の宇気比(ウケイ)を立てて娘を送ったこと、そして日子番能邇邇芸命が石長比売を送り返したため、天つ神の子孫の命は桜の花のように短いものになるということを、日子番能邇邇芸命に伝えた(天皇の寿命が短い理由とされる)

  木花之佐久夜毘売の火中出産

  こうした出来事の後、木花之佐久夜毘売が妊娠を伝えると、日子番能邇邇芸命はたった一夜の交わりで自分の子を孕んだことが信じられず、国つ神の子だろうと疑った

  これを受け、木花之佐久夜毘売は孕んだ子が国つ神の子であれば出産時に不幸が、天つ神の子であれば無事に生まれると言い、戸の無い八尋(巨大な)の屋敷を立て、中に入り内側から土を塗って、出入りできないように塞いだ

  そしていよいよ出産するというときに、その屋敷に火を放ち火中出産をした

  木花之佐久夜毘売はその火が最も盛んに燃えた時に火照命(ホデリノミコト)を生み、次に火須勢理命(ホスセリノミコト)、次に火遠理命(ホヲリノミコト)を生んだ(表記はないが無事に生まれているので、木花之佐久夜毘売は天つ神の子を一夜懐妊したということで間違いない)

 

前←古事記編-建御雷之男神の段の神々

次→古事記編-邇邇芸命の段の神々

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です