赤

日本の神々-古事記編-二代天皇

※括弧付きの数字は記事番号で、この記事外の時系列(原典表記順)で、その神についての説明があった場合に、説明の前に付けてある

時系列で追っていきたい場合はその部分は読み飛ばすことを推奨する

・多芸志美美命(タギシミミノミコト)

  神倭伊波礼毘古命(神武天皇)阿比良日売の子

  別名に当芸志美美命(この段で初出)がある

  神武天皇の崩御後、その大后(オオキサキ 皇后)であった伊湏気余理比売(イスケヨリヒメ)を妻にし(天皇になるためには大后がいる必要がある)、その上自身の腹違いの弟たち、日子八井命(ヒコヤイノミコト)神八井耳命(カムヤイミミノミコト)神沼河耳命(カムヌナカワミミノミコト)の三柱を暗殺しようと企てていた

  この企てに気付き悩み苦しんだ伊湏気余理比売は、このことを自身の子に歌を詠むことで知らせた

  その歌というのは「狭井河よ 雲立ち渡り 畝火山 木の葉さやぎぬ 風吹かむとす」(「狭井河(サイガワ 奈良県桜井市付近の三輪山から流れる川)の辺りから雲が立ちこめてきて、畝傍山(神武天皇の御陵があるところ)の木の葉が騒めいている 今に風が吹くだろう」)と、「畝火山 昼は雲とゐ 夕されば 風吹かむとそ 木の葉さやげる」(「畝傍山では昼には雲が流れ、夕方には風が吹こうとして木の葉が騒めいている」)の二つである

・神沼河耳命(カムヌナカワミミノミコト)

  神武天皇伊湏気余理比売(イスケヨリヒメ)の三番目の子

  河俣比売(カワマタビメ)を妻にして、師木津日子玉手見命(シキツヒコタマテミノミコト 安寧天皇)を生んだ

  別名に建沼河耳命(タケヌナカワミミノミコト)綏靖天皇(スイゼイテンノウ)がある

  母である伊湏気余理比売の歌によって異母兄弟の当芸志美美命(多芸志美々命 タギシミミノミコト)が自身とその兄弟の暗殺を計画していたことを知って、先に当芸志美美命を殺すことにした

  このときに神沼河耳命は、兄である神八井耳命(カムヤイミミノミコト)が武器を持って当芸志美美命を殺しに踏み入るように提案して、これを受けた神八井耳命は武器を取って踏み入ったものの、いざ殺すときになって、恐れから手足が震えて殺すことが出来なかった

  それを見た神沼河耳命が神八井耳命の持っていた武器を取って、その代わりに当芸志美美命を殺した

  この出来事における武勇から建沼河耳命の別名が付いた

  この後に神八井耳命は、敵を殺すことが出来なかった自分は天皇になるべきでないとして、弟の神沼河耳命に皇位を譲り、これからは忌人(イワイビト 自身を慎んで神聖なものを守護し、また仕える人)となって神沼河耳命に仕えるとした

  このような経緯で神沼河耳命は二代天皇の綏靖天皇となり、葛城の高岡宮(奈良県御所市森脇)で天下を治めた

  その後河俣比売と結婚し、師木津日子玉手見命を生んだ

  綏靖天皇の寿命は四十五歳で、御陵は衝田岡(ツキダノオカ 奈良県橿原市四条町田井の坪の円墳)にある

・神八井耳命(カムヤイミミノミコト)

  神武天皇伊湏気余理比売(イスケヨリヒメ)の二番目の子

  意富臣〔オオノオミ オミは姓(カバネ 一種の称号)〕、小子部連〔チイサコベノムラジ ムラジは姓(カバネ 一種の称号)〕、坂合部連(サカイベノムラジ)、火君〔ヒノキミ キミは姓(カバネ 一種の称号)〕、大分君(オオキダノキミ)、阿蘇君(アソノキミ)、筑紫の三家の連(ツクシノミヤケノムラジ)、雀部臣(サザキべノオミ)、雀部造〔サザキベノミヤツコ、小長谷造(オハツセノミヤツコ)、都祁直〔ツケノアタエ アタエは姓(カバネ 一種の称号)〕、伊余の国造〔イヨノクニノミヤツコ クニノミヤツコは姓(カバネ 一種の称号)〕、科野の国造(シナノノクニノミヤツコ)、道奥の石城の国造(ミチノクノイワキノクニノミヤツコ)、常陸の仲の国造(ヒタチノナカノクニノミヤツコ)、長狭の国造(ナガサノクニノミヤツコ)、伊勢の船木直(イセノフナキノアタエ)、尾張の丹波臣(オワリノニワノオミ)、島田臣(シマダノオミ)らの祖

  自身とその兄弟の暗殺を計画していた当芸志美美命(多芸志美々命 タギシミミノミコト)を殺害するときに、弟である神沼河耳命(カムヌナカワミミノミコト)に神八井耳命が武器を取って殺すように言われたが、手足が震えてしまい出来ず、それを見た神沼河耳命が代わりに殺した

  この出来事を受けて神八井耳命は神沼河耳命に皇位を譲り、忌人(イワイビト 自身を慎んで神聖なものを守護し、また仕える人)となって、綏靖天皇(スイゼイテンノウ 神沼河耳命)に仕えることになった

  →詳細は神沼河耳命の記事へ

・河俣比売(カワマタビメ)

  師木県主〔シキノアガタヌシ アガタヌシは姓(カバネ 一種の称号)〕の祖

  綏靖天皇(スイゼイテンノウ)を夫にして、師木津日子玉手見命(シキツヒコタマテミノミコト 後の安寧天皇)を生んだ

 

前←古事記編-神武天皇の段の神と人

次→古事記編-天皇の系譜-三代から六代

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です