赤

日本の神々-古事記編-国生みによる神々

国生みの時に生まれた神々

水蛭子(ヒルコ)

  伊邪那岐伊邪那美が生んだ骨の無い蛭のような子

  両神によって葦の船に入れられ放流された

・淡島(アワシマ)

  伊邪那岐伊邪那美が生んだ島

淡路之穂之狭別島(アワジノホノサワケノシマ)(淡路島)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  淡路島を神格化したもの

伊予之二名島(イヨノフタナノシマ)(四国)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  体は一つで顔は四つあり、その顔ごとに名前がつけられ神格化されている

    ・愛比売(エヒメ) 伊予の国(愛媛県) 麗しい女性の意である

    ・飯依比古(イイヨリヒコ) 讃岐の国(香川県) 穀霊が依り憑く男性の意である

    ・大宜都比売(オオゲツヒメ) 粟(阿波)の国(徳島県) 穀物を司る女性の意である 神生みの段にも同名の神が出てくる

    ・建依別(タケヨリワケ) 土佐の国(高知県) 雄々しい霊が依り憑く男性の意である

天之忍許呂別(アメノオシコロワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  多くの島々が凝り固まったという意である

  隠伎之三子島(オギノミツゴノシマ)(島根北部 隠岐諸島)を神格化したもの

筑紫ノ島(九州)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  体は一つで顔は四つあり、その顔ごとに名前がつけられ神格化されている

    ・白日別(シラビワケ) 筑紫ノ国(筑前・筑後) 太陽の「輝く」という性質をもつ男性の意である

    ・豊日別(トヨヒワケ、トヨビワケ) 豊国(豊前・豊後) 太陽の「豊穣をもたらす」という性質をもつ男性の意である

    ・建日向日豊久土比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ) 肥ノ国(肥前・肥後)

    建日別(タケヒワケ、タケビワケ) 熊曾ノ国(熊曾族の住んだ国) 太陽の「雄々しい」という性質をもつ男性の意である

天比登都柱(アメヒトツバシラ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  伊伎ノ島(イキノシマ)(九州玄界灘 壱伎ノ島)を神格化したもの

・天之狭手依比売(アメノサデヨリヒメ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  津島(対馬)を神格化したもの

・天御虚空豊秋津根別(アメノミソラトヨアキヅネワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  大倭豊秋津島(オオヤマトトヨアキツシマ、オオヤマトトヨアキヅシマ)(畿内地域)を神格化したもので、これは後に本州を指す総名となる

  また大倭豊秋津島は五穀が豊かに実る島の意である

・建日方別(タケヒガタワケ、タケヒカタワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  吉備ノ児島(キビノコジマ)(岡山南部 児島半島)を神格化したもの

・大野手比売(オオノデヒメ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  小豆島(アズキシマ)(香川県 ショウドシマ)神格化したもの。

・大多麻流別(オオタマルワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  大島(瀬戸内海の島 未詳)を神格化したもの

・天一根(アメヒトツネ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  女島(ヒメジマ)(大分県 姫島)を神格化したもの

・天之忍男(アメノオシヲ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  知訶島(チカノシマ)(長崎県 五島列島)を神格化したもの

・天両屋(アメフタヤ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  両児島(フタゴノシマ)(長崎県 五島列島)を神格化したもの

 

前←古事記編-伊邪那岐・伊邪那美神-後

次→古事記編-神生みによる神々-前

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です