赤

日本の神々-古事記編-伊邪那岐・伊邪那美神-前

神世七代 後

・伊邪那岐神(イザナギノカミ)

  男性神で、伊邪那美神の夫

  神代七世(カミヨナナヨ)の七代目

  国生み、神生みを行い地上の基礎を作った神

  近江の多賀に鎮座している

  国生み

   伊邪那美神(イザナミノカミ)とともに別天つ神に地上に人の住めるような国土を作れとの命を受け、天浮橋(天上と地上とを繋ぐ橋)から、天沼矛(アマノヌボコ)で地上の海を掻き回した

  この矛を引き上げた際に、滴り落ちたものが積もって淤能碁呂島(オノゴロシマ)ができた

  その後この地に八尋(巨大な)の屋敷と依り憑くための柱を立て、その柱の周りを伊邪那岐が右、伊邪那美は左廻りで回って逢ったところで、互いの余分なところと足りないところ組み合わせるという手法による性の交わりをすることにした

  しかし逢った時に女の伊邪那美から声をかけた〔「あなにやしえおとこを」(なんと麗しい人でしょうか)〕ため、水蛭子(ヒルコ)淡島(アワシマ)と出来損ないの子が生まれてしまった

  別天つ神による太占の占い(牡鹿の肩骨を焼いて吉凶をはかる)によりこの原因が判明し、そこで今度は男の伊邪那岐から声をかけた〔「あなにやしえおとめを」(なんと麗しい乙女だろうか)〕ところ上手くいき、多くの国、神を生んだ

  以下生まれた国を時系列で示す

  ・大八島国(オオヤシマクニ)

伊邪那岐、伊邪那美神が最初に生んだ、淡路之穂之狭別島(アワジノホノサワケノシマ)から大倭豊秋津島(オオヤマトトヨアキツシマ)の八つの島の総称

    ・淡路之穂之狭別島(アワジノホノサワケノシマ)(淡路島)

    ・伊予之二名島(イヨノフタナノシマ)(四国)

    ・隠伎之三子島(オギノミツゴノシマ)(島根北部 隠岐諸島

    ・筑紫ノ島(九州)

    ・伊伎ノ島(イキノシマ)(九州玄界灘 壱伎ノ島)

    ・津島(対馬)

    ・佐渡ノ島(佐渡島)

    ・大倭豊秋津島(オオヤマトトヨアキツシマ、オオヤマトトヨアキヅシマ)(畿内地域)

  ・吉備ノ児島(キビノコジマ)(岡山南部 児島半島)

  ・小豆島(アズキシマ)(香川県 ショウドシマ)

  ・大島(瀬戸内海の島 未詳)

  ・女島(ヒメジマ)(大分県 姫島)

 知訶島(チカノシマ)(長崎県 五島列島)

  ・両児島(フタゴノシマ)(長崎県 五島列島)

  神生み

  以下生まれた神を時系列で示す

  ・大事忍男神(オオコトオシヲノカミ)

  ・石土毘古神(イハツチビコノカミ)

  ・石巣比売神(イハスビメノカミ)

  ・大戸日別神(オオトビワケノカミ、オオトヒワケノカミ)

  ・天之吹男神(アメノフキヲノカミ)

  ・大屋毘古神(オオヤビコノカミ)

  ・風木津別之忍男神(カザケツワケノオシヲノカミ)

  ・大綿津見神(オオワタツミノカミ)

  ・速秋津日子神(ハヤアキヅヒコノカミ、ハヤアキツヒコノカミ)

  ・速秋津比売神(ハヤアキヅヒメノカミ、ハヤアキツヒメノカミ)

  ・志那都比古神(シナツヒコノカミ)

  ・久久能智神(ククノチノカミ)

  ・大山津見神(オオヤマツミノカミ)

  ・鹿屋野比売神(カヤノヒメノカミ)

  ・鳥之石楠船神(トリノイハクスブネノカミ)

  ・大宜都比売神(オオゲツヒメノカミ)

  ・火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)

  伊邪那美は火之迦具土を生んだときに、女陰(ホト 女性器)を焼かれ床に臥せった

  以下その際に生まれた神を時系列で示す

  ・金山毘古神(カナヤマビコノカミ)

  ・金山毘売神(カナヤマビメノカミ)

  ・波邇夜須毘古神(ハニヤスビコノカミ)

  ・波邇夜須毘売神(ハニヤスビメノカミ)

  ・弥都波能売神(ミツハノメノカミ)

  ・和久産巣日神(ワクムスビノカミ)

  火之迦具土による傷が原因で伊邪那美が亡くなり、そのことで悲しんだ伊邪那岐は剣(天之尾羽張(アメノオワバリ))で原因となった火之迦具土の首を切り落とした

  以下その際に生まれた神を時系列で示す

  ・泣沢女神(ナキサハメノカミ)

  ・石拆神(イハサクノカミ)

  ・根拆神(ネサクノカミ)

  ・石筒之男神(イハツツノヲノカミ)

  ・甕速日神(ミカハヤビノカミ)

  ・樋速日神(ヒハヤビノカミ)

  ・建御雷之男神(タケミカヅチヲノカミ)

  ・闇淤加美神(クラオカミノカミ)

  ・闇御津羽神(クラミツハノカミ)

  ・正鹿山津見神(マサカヤマツミノカミ)

  ・淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)

  ・奥山津見神(オクヤマツミノカミ)

  ・闇山津見神(クラヤマツミノカミ)

  ・志芸山津見神(シギヤマツミノカミ)

  ・羽山津見神(ハヤマツミノカミ)

  ・原山津見神(ハラヤマツミノカミ)

  ・戸山津見神(トヤマツミノカミ)

 

前←古事記編-創成

次→古事記編-伊邪那岐・伊邪那美神-後

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です