赤

日本の神々-古事記編-火遠理命

※括弧付きの数字は記事番号で、この記事外の時系列(原典表記順)で、その神についての説明があった場合に、説明の前に付けてある

時系列で追っていきたい場合はその部分は読み飛ばすことを推奨する

・火遠理命(ホヲリノミコト)

  日子番能邇邇芸命(ヒコホノニニギノミコト)木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)の子

  豊玉毘売を妻に、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト)を生んだ

  御陵は高千穂の山の西にある

  別名に山の幸を獲るの意の山佐知毘古(ヤマサチビコ)、虚空津日高(ソラツヒコ)がある

  海さちと山さち

  火遠理命が毛が粗い獣や毛が柔らかい獣などを問わず、様々な獣を狩って過ごしていたとき、海の獲物を獲っていた兄の火照命(ホデリノミコト)に対して、狩りの道具の交換を提案した

  初めは断られるも何度も頼み最後には了承され、兄の釣り道具を貰い受けて釣りをするも一匹も釣れず、その上釣り針を海で無くしてしまった

  その後火照命が「山さちも己がさちさち、海さちも己がさちさち」〔山の獲物にしても海の獲物にしても自分の道具(サチ)を使ってこそ獲れる 道具の獲物を狩る力に関する呪い説あり〕と唱えて、元通りに交換し直そうと提案した

  火遠理命が釣り針を無くしたことを火照命に話したが、強く責め立てられ、お詫びとして自身の十拳剣(トツカノツルギ)を壊し、五百もの釣り針を作って渡すも、火照命は受け取らなかった

  火遠理命はさらに千の釣り針を作って渡すも、火照命は受け取らずに元の釣り針に固執した

  綿津見の宮

  そうした経緯で火遠理命が海辺で泣いているときに、海流の神である塩椎神(シオツチノカミ)がやってきて泣いている理由を尋ねた

  火遠理命がこれに答えると、塩椎神は隙間なく編み上げた竹製の小舟に火遠理命を乗せ、しばらく乗っていると良い海の道に着き、その道を進めば魚の鱗のように立ち並ぶ大綿津見神(オオワタツミノカミ)の宮殿に着くので、その門の側の井戸の近くの湯津楓(ユツカツラ 枝葉が繁った桂もしくは木犀の木)の木の上に登り待っていること、そうすれば大綿津見神の娘が火遠理命を見つけ、上手い手を考えてくれると言って、小舟を押し流した

  火遠理命は塩椎神の言った通りに動き、湯津楓の木の上に座っていると、大綿津見神の娘である豊玉毘売(トヨタマビメ)の従婢(マカタチ 以下侍女)が玉器(ギョッキ 立派な器)に水を汲むために井戸に近づいてきた

  侍女は水を汲むとき井戸に人影が写ったため、上を見上げたところ見目麗しい男がいることに気付いて不思議に思った

  火遠理命は侍女に水が欲しいと言い、侍女が水の入った玉器を差し出すと、自らの玉の首飾りを解き、その玉を口に含んで器に吐き出した

  侍女はその玉を剥がそうとしたが、剥がれなかったため、そのまま豊玉毘売の元に戻り器を差し出し、それを見た豊玉毘売は外に誰かがいることに気付いて、侍女に尋ねた

  侍女は見目麗しく、大綿津見神に劣らないほど貴い若い男がいると答え、玉器のことについて説明した

  豊玉毘売は外に出て火遠理命と目を交えた後、父である大綿津見神に門の前に見目麗しい男がいると知らせた

  大綿津見神はその姿を見て、天津日高(アマツヒコ 邇邇芸命)の御子の虚空津日高(ソラツヒコ 火遠理命の別名)であると分かり、すぐに宮殿に入れると美智〔ミチ 海驢(アシカ)のこと〕の皮の敷物と絹の敷物を幾重も重ねて、火遠理命を座らせた

  さらにたくさんの品々を机の上に並べて御馳走し、娘の豊玉毘売と結婚させた

  火照命と火遠理命

  火遠理命は豊玉毘売と共に綿津見の宮殿で三年暮らしたところで、自分がこの宮殿に来た事情を思い出して溜息をついた

  火遠理命が溜息をついたことはこれまでなかったため、豊玉毘売と大綿津見神は心配して、その理由とそもそもこの宮殿に来た事情を尋ねた

  火遠理命が火照命とその釣り針のことについて話すと、大綿津見神は海の魚を呼び集めて、釣り針を取った魚がいないか尋ねた

  魚たちの話によると、鯛が喉に何かが刺さって食事ができないと嘆いていたとのことだったので、その鯛の喉を探ってみると火照命の釣り針が刺さっていた

  大綿津見神は火遠理命にその釣り針を渡し、火照命に返すときに「この釣(チ)は、淤煩釣(オボチ)、須須釣(ススチ)、貧釣(マジチ)、宇流釣(ウルチ)」(「この釣り針は心が溺れたようにぼんやりする釣り針、よろめき荒む釣り針、貧乏になる釣り針、愚かになる釣り針」)と唱え、後手(シリヘデ・ウシロデ 後ろに手を回して 呪術儀礼)返すように言った

  また、火照命が高い場所に田を作るならば、低い場所に田を作り、火照命が低い場所に田を作るならば、高い場所に田を作るようにすれば、大綿津見神の水を司る力によって火照命は三年の内に貧しくなると言い、また満潮と干潮を操る珠である塩盈珠(シオミツタマ)塩乾珠(シオフルタマ)を渡しながら、貧しくなったことで、火遠理命を恨み攻撃してきたときは、塩盈珠で溺れさせ、そのことで許しを乞うてきたのなら、塩乾珠を使って助けるということをして、火照命を苦しめるように言った

  その後、大綿津見神は和邇(以下鰐 ワニ 出雲周辺でのサメの古名 または外国からの伝承にある原語(ワニ)の流用、つまり爬虫類の鰐の意〕を集め、鰐たちに火遠理命を地上へ送る役目を何日で終えて報告できるかを尋ね、鰐たちは自分たちの身長を見て、それぞれ何日で送れるかを答えた

  大綿津見神は一日で行って帰ってこれると答えた一尋(人が両手を広げたときの長さ およそ一・五メートル)の鰐に火遠理命を送る役目を与えた

  火遠理命はその鰐の首に乗って葦原中つ国に帰り、その鰐が海に帰る時、自分が身に付けていた紐のついた小刀を鰐の首につけて送り出した

  その後火遠理命は大綿津見神に言われた通りに、火照命に釣り針を返したところ、大綿津見神が言ったように火照命は貧乏になり心が荒み、何度も攻めてきた

  火遠理命はその度に塩盈珠(シオミツタマ)を使って溺れさせ、許しを乞えば塩乾珠(シオフルタマ)を使って水を退かせ救った

  このように幾度も苦しめ悩ませた後になって、火照命は額を土につけて拝み、これからは昼となく夜となく火遠理命を守護し仕えると誓った

  豊玉毘売の出産

  以前から妊娠していた豊玉毘売がいよいよ出産する時になって、天津神の御子を海中で産むわけにはいかないとして、葦原中つ国の火遠理命の元に訪れた

  そうして海辺の渚に鵜の羽を葺いた産屋を作っていたが、葺き終わらない内に腹の切迫に耐えられなくなり産屋に入った

  そのとき豊玉毘売は火遠理命に、故郷でとる本当の姿で出産するため、自身の姿を見ないように頼んだが、これを不思議に思った火遠理命は産屋の中を覗き見た

  そこで豊玉毘売が八尋の巨大な鰐の姿で這っている様子を見てしまい、火遠理命は驚き恐ろしくなって逃げ出した

  このことを知って恥ずかしく、また恨めしく思った豊玉毘売は生んだ子に名を付けた後、産屋に放置して、綿津見の宮殿と葦原中つ国を行き来するための海の道の堺である海坂(ウナサカ)を塞いで大綿津見神の国に帰ってしまった

  この生まれた御子を天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト)という

  しかし恋い慕う心は残っていたので、その御子の養育係として妹の玉依毘売(タマヨリビメ)を送るときに、火遠理命へ歌を添えた

  これは「赤玉は 緒さへ光れど 白玉の 君が装し 貴くありけり」(「琥珀の玉はそれを貫いている紐も光り輝くほど美しいけれど、それよりも真珠のような貴方の姿がなんと立派で貴いことよ」)というもので、火遠理命はこれに返して次の歌を詠んだ

  これは「沖つ鳥 鴨着く(カモドク)島に 我が率寝し(ゐねし) 妹(イモ)は忘れじ 世の尽(コトゴト)に」(「沖にある鴨が寄る島で、私と共寝した貴女のことをこの命が尽きるまで忘れはしない」)というものである

  火遠理命は高千穂の宮で五百八十年暮らし、御陵は高千穂の山の西にある

 

前←古事記編-邇邇芸命の段の神々

次→古事記編-火遠理命の段の神々

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です