赤

日本の神々-古事記編-火遠理命の段の神々

※括弧付きの数字は記事番号で、この記事外の時系列(原典表記順)で、その神についての説明があった場合に、説明の前に付けてある

時系列で追っていきたい場合はその部分は読み飛ばすことを推奨する

火遠理神の段で登場する神々

・火照命(ホデリノミコト)

  日子番能邇邇芸命(ヒコホノニニギノミコト)木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)の子

  隼人阿多君(ハヤヒトアタノキミ)の祖

  別名に海の幸を獲るの意の海佐知毘古(ウミサチビコ)がある

  大小様々な海の生き物を獲って過ごしていたとき、山の生き物を獲っていた弟の火遠理命(ホヲリノミコト)から、狩り道具を交換して欲しいと何度も強請られ、断り切れずに交換に応じた

  その結果自分の釣り針を無くされてしまい、詫びの品を受け取らずに火遠理命を強く責め立てていた

  →詳細は火遠理命の海さちと山さちの段へ

  その後綿津見の宮から帰った火遠理命から自分の釣り針を返され受け取ったが、その釣り針には呪いがかけられており、そのせいで貧乏になって心が荒んだ火照命は、火遠理命を何度も攻撃し、その度に海の満ち引きを操られ苦しめられた

  その後、弟の火遠理命の守護者として仕えることを誓い、その子孫である隼人阿多君も火照命が火遠理命によって溺れさせられたときの所作を模した隼人舞を舞って仕えている

  →詳細は火遠理命の火照命と火遠理命の段へ

・塩椎神(シオツチノカミ)

  潮流の神

  火照命の釣り針を無くしてしまい、途方に暮れていた火遠理命綿津見の宮殿へ行くことを勧め、そのための舟や助言も与えた

  →詳細は火遠理命の綿津見の宮の段へ

・大綿津見神(オオワタツミノカミ)

  海神

  詳しくはこちらの記事へ

・豊玉毘売(トヨタマビメ)

  大綿津見神の娘

  火遠理命(ホヲリノミコト)の妻として、天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト)を生んだ

  塩椎命の言う通りにして綿津見の宮に赴いた火遠理命を見つけ、父である大綿津見神にその来訪を知らせた

  →詳細は火遠理命の綿津見の宮の段へ

  火遠理命の妻になって綿津見の宮殿で共に三年暮らした後、火遠理命が葦原中つ国に戻り、出産を控えた豊玉毘売はそれを追って地上に赴き出産した

  しかしその際、産屋を覗かないようにとの言いつけを破った火遠理命に、自身の本当の姿を見られてしまったため、生んだ子に名前だけつけると、綿津見の宮に帰り、宮殿と地上を繋ぐ道を塞いだ

  その後、鵜葺草葺不合命の養育係として自身の妹の玉依毘売を送り、そのときに火遠理命に向けた歌を添えた

  →詳細は火遠理命の豊玉毘売の出産の段へ

・佐比持神(サヒモチノカミ)

  一尋(約一・五メートル)の和邇(ワニ 出雲周辺でのサメの古名 または外国からの伝承にある原語(ワニ)の流用、つまり爬虫類の鰐の意〕

  名に鋭利な刀を持つの意がある

  火遠理命(ホヲリノミコト)を綿津見の宮から葦原中つ国へと送り、その際に火遠理命から小刀を賜る

  →詳細は火遠理命の火照命と火遠理命の段へ

・玉依毘売(タマヨリビメ)

  大綿津見神の娘

  鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)の妻として、五瀬命(イツセノミコト)、稲冰命(イナヒノミコト)御毛沼命(ミケヌノミコト)若御毛沼命(ワカミケヌノミコト)を生んだ

  姉である豊玉毘売の子、鵜葺草葺不合命の養育係として葦原中つ国へと送られ、その縁で鵜葺草葺不合命の妻となる

  →詳細は火遠理命の豊玉毘売の出産の段へ

・天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト)

  火遠理命豊玉毘売の子

  玉依毘売を妻として、五瀬命(イツセノミコト)、稲冰命(イナヒノミコト)御毛沼命(ミケヌノミコト)若御毛沼命(ワカミケヌノミコト)を生んだ

・五瀬命(イツセノミコト)

  詳しくはこちらの記事へ

・稲冰命(イナヒノミコト)

  鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)玉依毘売(タマヨリビメ)の二番目の子

  妣の国(ハハノクニ)を訪ねて海に入った

・御毛沼命(ミケヌノミコト)

  鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)玉依毘売(タマヨリビメ)の三番目の子

  波頭を踏んで常世の国(トコヨノクニ)へと渡った

・若御毛沼命(ワカミケヌノミコト)

  いわゆる神武天皇

  詳しくはこちらの記事へ

 

前←古事記編-火遠理命

次→古事記編-神武東征-前

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です