オレンジ

易(八)-周易六十四卦-需・訟

六十四卦(三)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質、つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

5.需(ジュ)需(水天需 スイテンジュ)隠忍自重

  性質

  需は待機の卦である

  乾の卦が坎の卦の下にある卦で、剛強なもの(乾)が危険(坎)に会い待機するということである

  焦らずに待つこと

  

  ・需は、孚(マコト)ありて、光い(オオイ)に亨る(トオル)。貞しければ(タダシケレバ)吉なり。大川(タイセン)を渉るに利し(ヨロシ)。

    ―信念があれば上手くいく。需の正しい道を守れば吉である。この二つを守れば、大きな危険に直面しても順調にいく。〔九五の位置、天子の位置が正で陽である(信念は正しい)〕

  

  ・初九、郊に需つ(マツ)。恒(ツネ)を用ふるに利し。咎なし。

    ―郊外で待つ。動かず留まるのが良く、そうすれば過ちや罪は無い。(剛の陽は留まることが出来る)

  ・九二、沙(スナ)に需つ。小しく言ふことあれども、終に吉なり。

    ―砂浜で待つ。細々した非難は受けるが、それに動じなければ最終的には吉である。(坎が近く危険が迫るが、陽爻で留まることが出来る)

  ・九三、泥に需つ。寇(アダ)の至るを致す。

    ―泥地で待つ。災いがやってくるので、自ら向かうのではなく待つこと。(坎の目前で陽爻が重なり過ぎ剛に過ぎる)

  ・六四、血に需つ。穴より出づ(イヅ)。

    ―血の中で待つ。じっと待てば窮地から脱することができる。(坎に入るが、正の陰爻)

  ・九五、酒食(シュシ)に需つ。貞しければ吉なり。

    ―酒や食事をしながら安らかに待ち、これが需の在り方で吉である。(中爻で正)

  ・上六、穴に入る。速かざる(マネカザル)の客三人来る(キタル)あり。これを敬すれば終には吉なり。

    ―窮地に陥る。招かざる客が三人やってくるが、これを敬意をもって接すれば最終的には吉になる。(坎の極点、九三と正応しているが九三、九二、初九が突き進んでくる)

6.訟(ショウ)訟(天水訟 テンスイショウ)争いは水際まで

  性質

  訟は争いの卦である

  乾の卦が坎の卦を押さえつけている卦で、上の剛強さ(乾)と下の陰険さ(坎)が拮抗している状況である

  また天(乾)は上に水(坎)は下に行くので、完全な意見の対立を表す

  

  ・訟は、孚ありて塞がる。愓れて(オソレテ)中すれば吉、終ふれば凶なり。大人(タイジン)を見るに利し。大川を渉るに利しからず。

    ―意見は正しいが塞がっており、そのまま突き通せば凶なり、これを恐れて慎めば吉である。優れた他人に争いを見てもらうのが良い。大きな危険は冒すべきではない。〔乾も坎も中爻には乾がある(信念がある)、剛強が危険に乗っている〕

  爻

  ・初六、事とする所を永くせざれば、小しく言ふことあれども、終に吉なり。

    ―争いを長引かせなければ、細々とした争いはあっても最終的には吉である。(陰爻が最下層におり、争いは続かない)

  ・九二、訟に克たず(カタズ)。帰りて逋る(ノガル)。その邑人(ユウジン)三百戸にして、眚(ワザワイ)なし。

    ―争いに勝てないので、争いから逃れて慎ましく暮らせば禍を避けられる。(陽爻で剛、九五と争う羽目になる)

  ・六三、旧徳を食む。貞しければ厲けれども(アヤウケレドモ)終に吉なり。或いは王事に従うも、成すことなし。

    ―現在の待遇に甘んじて生活すれば、危険はあるけども最終的には吉である。また王の命で何か仕事をするとしても、大きな成功など願わずに終わるべきである。(陰爻で争えず、中爻でない)

  ・九四、訟に克たず。復りて(カエリテ)命に即き(ツキ)、渝へて(カエテ)貞しきに安んずれば、吉なり。

    ―争いに負ける。退いて天命に従い、正しい道を進めば吉である。(不正で中爻でない)

  ・九五、訟、元吉なり。

    ―争いは吉である。(中爻で正、また天子の位である)

  ・上九、或いはこれに鞶帯(ハンタイ)を賜ふ。終朝(シュウチョウ)に三たびこれを褫はる(ウバワル)。

    ―争いに勝ち、天子から服の飾りを賜ることがあるが、朝の政(マツリゴト)が終わるまでに三回もこれを奪われる。(陽爻、訟の卦の極で最上位)

 

前←易(七)-周易六十四卦-屯・蒙

次→易(九)-周易六十四卦-師・比

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です