オレンジ

易(十四)-周易六十四卦-随・蠱

六十四卦(九)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

17.随(ズイ)随(沢雷随 タクライズイ)何に随うか

  性質

  随は従うことを示す卦である

  兌の卦を震の卦が承けている卦で、下が動いて(震)上が悦ぶ(兌)という従属を示す

  若い女(兌)の下に老いた男(震)がいることは、老いた男が若い女に魅せられ従うとも、実力のある年配者が未熟な者に従うとも解釈でき、何に従うかやどう従うかなどの主体性が重要になる

  

  ・随は、元い(オオイ)に亨る(トオル)。貞しき(タダシキ)に利し(ヨロシ)。咎なし。

    ―すべて上手くいく。正道を守るなら咎はない。

  

  ・初九、官渝る(カワル)ことあり。貞しければ吉なり。門を出でて交はるに功あり。

    ―職業を変えることがあるが、正道を守るならば吉である。広く人と交われば成功する。(震の卦義を司る爻で自ら動く)

  ・六二、小子に係りて(カカリテ)、丈夫を失ふ。

    ―小人と馴れ合ってしまい、従うべき立派な人に見放される。(陰爻で柔順)

  ・六三、丈夫に係りて、小子を失ふ。随ひて求めて得ることあり。貞しきに居るに利し。

    ―立派な人と親しみ、小人との関係を捨てる。従うことで求めるものを手に入れられるが、媚び諂わず正しい態度を守ること。(九四を正しく承けるが不正)

  ・九四、随ひて獲る(ウル)ことあり。貞しけれども凶なり。孚(マコト)あり、道に在りて以て明らかなれば、何の咎あらん。

    ―天子に従って求めるものを手に入れる。正しい態度をとっても凶であるが、聡明で誠意を持ち正道を守るならば罪や過ちはない。(剛強で不正)

  ・九五、嘉に孚あり。吉なり。

    ―相応しい身分で、善に誠実で吉である。(天子の位、中正)

  ・上六、これを拘へ(トラエ)係げ(ツナゲ)、乃ち(スナワチ)従いてこれを維ぐ(ツナグ)。王用て西山に享す(キョウス)。

    ―捕えて縛った(従えた)者と固く繋がれる。王は西山に祀る(祀り従う)。(随の極致)

18.蠱(コ)蠱(山風蠱 サンプウコ)禍を転じて福となす

  性質

  腐敗・混乱を表す卦である

  艮の卦を巽の卦が承けている卦で、剛(艮)は上り柔(巽)は下ることから、互いに交わらないことを示し、その結果上は傲慢に我を通し、下はそれにただ盲従することを表す

  

  ・蠱は、元いに亨る。大川を渉る(ワタル)に利し。甲に先だつこと三日、甲に後るること三日。

    ―すべて上手くいく。大きな川を渡るような困難でも乗り越えられる。腐敗が極まり革新の前には気持ちを新たにし、その後には丁寧に事にあたるべし。〔甲に先だつ~は十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)の甲を出発点として解釈する説が有力〕

  

  ・初六、父の蠱を幹す(カンス)。子あれば考(チチ)咎なし。厲けれども(アヤウケレドモ)終には吉なり。

    ―父の難事を収拾する。そのような子がいれば父に過ちも罪もない。危険を伴うけれども最後には吉である。〔卦(腐敗)の初期で比較的扱いは軽い〕

  ・九二、母の蠱を幹す。貞しくすべからず。

    ―母の難事を収拾する。中庸を心掛け柔軟に対応していくこと。(中正 中爻であり、陰爻の下の陽爻の振る舞いを心得ている)

  ・九三、父の蠱を幹す。小しく(スコシク)悔あり、大なる(ダイナル)咎なし。

    ―父の難事を収拾する。少し悔いは残るが大きな過ちや罪はない。(中爻でなく剛健に過ぎ少し悔いを残すが、正であるため大きな咎はない)

  ・六四、父の蠱を裕やか(ユルヤカ)にす。往けば吝を見る。

    ―父の難事を傍観する。このまま進むと恥をかくが、自分では収拾できない。(陰爻の正、不応)

  ・六五、父の蠱を幹す。用て誉れあり。

    ―父の難事を収拾する。結果として名声を得る。(中正 柔順な性質を以って、九二の協力を得る)

  ・上九、王侯に事へず(ツカエズ)。その事を高尚にす。

    ―王侯に仕えずに高尚を保つ。模範とすべき志である。(この卦の最上位で、腐敗や混乱の外にいる)

 

前←易(十三)周易六十四卦-謙・豫

次→易(十五)周易六十四卦-臨・観

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です