オレンジ

易(十六)-周易六十四卦-噬嗑・賁

六十四卦(十一)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

21.噬嗑(ゼイコウ)噬嗑(火雷噬嗑 カライゼイコウ)連帯を阻むもの

  性質

  噬嗑は噛み合わせることを示す卦である

  震の卦に離の卦が乗っている卦であり、そのため雷の力(震)と太陽の生命力(離の象は火・光)を兼ね備えており、その強靭な活動力により、上下の顎たる初爻と上爻の陽爻は九四を噛み砕くことができるということから、妨げる物を砕いて上手く噛み合わせることを示す

  

  ・噬嗑は、亨る(トオル)。獄に用ふるに利し(ヨロシ)。

    ―上手くいく。刑罰を裁断するに良い。〔判断力(震の象は雷)と明察さ(離の象は光)を兼ね備えて裁断を下す)

  

  ・初九、校(カセ)を履きて趾(アシ)を滅る(ヤブル)。咎なし。

    ―足枷を嵌められ足の自由を失い、悪の道を断たれる。罪や過ちはない。(最下位の初爻 罰は軽い)

  ・六二、膚(ハダエ)を噬みて(カミテ)鼻を滅る。咎なし。

    ―柔らかい肉を噛むように裁断するが、鼻を傷つける。罪や過ちはない。(正、中爻であるが、剛に乗っているため傷を負う)

  ・六三、腊肉(セキニク)を噬みて、毒に遇ふ。小しく(スコシク)吝なれども、咎なし。

    ―堅い干し肉を噛むように苦労して裁断するが、分不相応で毒に当たる。小さな恥であるが、罪や過ちはない。(不正で中爻でなく分不相応な裁断)

  ・九四、乾̪胏(カンシ)を噬みて、金矢(キンシ)を得。艱貞(カンテイ)に利し。吉なり。

    ―堅い骨付き干し肉を噛むように苦労して裁断して、矢じりに当たる。困難の中で正しい道を進み続ければ、いずれ吉である。(不正)

  ・六五、乾肉を噬みて、黄金を得。貞厲(テイレイ)なれば、咎なし。

    ―干し肉を噛むように苦労して裁断し、黄金を得る。道理に正しく謹んで行動するならば、罪や過ちはない。(柔順な陰爻であり天子の位 その柔順さを忘れないこと)

  ・上九、校に何ひて(オイテ)耳を滅る。凶なり。

    ―聡明に聞き分けなかったために、首枷を嵌められ耳を傷つけられる。凶である。(不正、悪の極致である)

22.賁(ヒ)賁(山火賁 サンカヒ)文明と頽廃

  性質

  賁は装飾を示す卦である

  離の卦に艮の卦が乗っている卦で、山々を照らす光を象とし、文明(離)が成熟を通り過ぎない程度、その領分に止まって(艮)文化でいること、つまり適切に飾っていることを示す

  

  ・賁は、亨る(トオル)。小しく往くところあるに利し。

    ―上手くいく。日々の小さな物事を行うのは良い。(外卦の艮が止めていること、また性質から大きなことを行うのは過ぎたことである)

  

  ・初九、その趾を賁る(カザル)。車を舎てて(ステテ)徒す(カチス)。

    ―足を飾る。速く、楽であろうと義に反するような道を捨て、困難であろうとも義の道を行く。(最下位に甘んじる)

  ・六二、その須(ヒゲ)を賁る。

    ―顎と共に動く顎髭を飾る。(正、不応のため比で上位である九三に付いていく)

  ・九三、賁如(ヒジョ)たり、濡如(ジュジョ)たり。永く貞なれば吉なり。

    ―麗しい。長く正しい姿勢を保つなら、脅かされることなく吉である。(正、六二の飾りを受ける)

  ・六四、賁如たり、皤如(ハジョ)たり。白馬翰如(ハクバカンジョ)たり。寇する(アダスル)にあらず、婚媾(コンコウ)せんとす。

    ―装飾のない麗しさを備え、その質素さのまま疾駆する。これが華美を攻撃するためではなく調和を図るためであるなら、問題はない。(初九と正応で互いに飾り合う )

  ・六五、丘園に賁る。束帛戔戔(ソクハクサンサン)たり。吝なれども、終には吉なり。

    ―田園を飾る。ほんの少しの薄い絹を得るだけにすることは、吝嗇で恥ではあるが、質素であり最終的には吉である。(陰爻で吝嗇の性質を持つが、天子の位、卦の主であって、この実質を得るような在り方は最終的には吉である)

  ・上九、白く賁る。咎なし。

    ―白く飾り、罪や過ちはない。(装飾の極致は質素である)

 

前←易(十五)-周易六十四卦-臨・観

次→易(十七)-周易六十四卦-剝・復

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です