オレンジ

易(七)-周易六十四卦-屯・蒙

六十四卦(二)

詳しい前書きは前回の易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質、つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

3.屯(チュン)屯(水雷屯 スイライチュン)生まれいずる悩み

  性質

  屯は行き悩み滞るという卦である

  震の卦が下に坎の卦が上にある卦で動く(震)が陥る(坎)、つまり動くだけの力はあるがまだ上手くいかない、苦難の状況にある

  しかし苦難を乗り越えてこそ新たな進歩が生まれる

  

  ・屯は、元い(オオイ)に亨る(トオル)。貞しき(タダシキ)に利し(ヨロシ)。往くところあるに用ふるなかれ。侯(キミ)を建つるに利し。

    -屯の正しい道を守って進めばすべて上手くいく。目標があっても急がずに事を進めるべき。君主を立てるには良い(初爻が陽で陰爻の下にいるため、謙虚な賢人を表す)。

  

  ・初九、繁桓す。貞しきに居るに利し。侯を建つるに利し。

    -進みがたい。しかしその志は正しいので、そのまま初志を貫くのが良い。君主を立てるには良い。〔六四と正応であるが、震(動く)の初九が坎(陥る)の初九と応じていていることになる、また正である〕

  ・六二、屯如(チュンジョ)たり、邅如(テンジョ)たり。馬に乗りて班如(ハンジョ)たり。寇する(アダスル)にあらずして婚媾(コンコウ)せんとす。女子貞にして字せず(ジセズ)。十年にして乃めて(ハジメテ)字す。

    -悩んで進まない。自らの身を安売りすることなく待て。(初九に乗っているが、九五との中正を待つ)

  ・六三、鹿に即く(ツク)に虞(グ)なく、ただ林中に入る。君子、幾(キ)をみて舎つる(スツル)にしかず。往かば吝(リン)なり。

    -君子は、鹿に気を取られ案内人なしで林の中に入るようなことはせず、機をみて諦めるべき。そのまま入れば恥をかく。(不正で不応、中爻でもない)

  ・六四、馬に乗りて班如たり。婚媾を求め、往かば吉なり、利しからざることなし。

    -馬に乗っても進みがたいが、自ら求婚できるような下のものに求婚すれば吉で良い。(上にいる九五とは合わないが、下にいる初九と正応で正)

  ・九五、その膏(アブラ)を屯す。小には貞なれば吉なり。大には貞なれども凶なり。

    -恵みを滞らせる。小事を正しく行うのなら吉だが、大事は正しく行っても凶である。(中正で正だが、坎の中爻でもある)

  ・上六、馬に乗りて班如たり。泣血漣如(キュウケツレンジョ)たり。

    -馬に乗っても進めない。血の涙がとめどなく流れる。(不応で屯の卦の最上位の爻)

4.蒙(モウ)蒙(山水蒙 サンスイモウ)物ごころつかぬ幼児

  性質

  蒙は蒙昧の卦である

  坎の卦の上に艮の卦がある卦で陥り(坎)止まる(艮)、つまり行き悩み停滞する蒙昧を意味する

  聖人と呼ばれる人たちもこの道を通ってきた

  

  ・蒙は、亨る。我、童蒙に求むるにあらず。童蒙、我に求むるなり。初めて筮すれば告ぐ。再三すれば瀆る(ケガル)。瀆るれば告げず。貞しきに利し。

    -蒙の正しい道を守って進めば上手くいく。師が蒙昧な者に教えることを求めるのではなく、蒙昧な者が師に教えを求めるということを留意すべき。また占筮と同様に、教えるのもそれを請うのも一度きりにすべき、なぜなら教えを疑うような者に教えることは、教えられる者が穢れる結果となるからである。

  

  ・初六、蒙を発く(ヒラク)。用て人を刑し、用て桎梏(シッコク)を説くに利し。以て往けば吝なり。

    -この爻(蒙昧)に当てはまる物事には以下のようにすべきである。蒙昧を啓発するには、刑罰をし、厳しくしつけるのが良いが、行き過ぎると恥をかく。(一番下の陰爻で蒙昧の初爻である)

  ・九二、蒙を包ぬ(カヌ)、吉なり。婦(ツマ)を納る(イル)、吉なり。子、家を克くす(ヨクス)。

    -蒙昧な者を受容して吉である。妻を娶ることは吉、小さいが家をよく治める。〔初六に乗っており、六五(妻)と中正である〕

  ・六三、女を取る(メトル)に用ふるなかれ。金夫を見て、躬(ミ)を有たず(タモタズ)。利しきところなし。

    -この爻に当てはまる物事は妻として娶るべきではない。金に目がくらむ身持ちの悪い女である。良いことなし。(正でなく中爻でない、陰爻の悪い部分だけ出ている)

  ・六四、蒙に困しむ(クルシム)。吝なり。

    -蒙昧に苦しみ、恥をかく〔不応であり、比も良くない(教えを請えない)〕

  ・六五、童蒙なり。吉なり。

    -幼く無知だが、下の者に謙虚に教えを請えば吉。(九二と中正だが、九二より上の位の陰爻)

  ・上九、蒙を撃つ。寇を為すに利しからず。寇を禦ぐ(フセグ)に利し。

    -蒙昧な者に厳しくしすぎる。外部からの害を防ぐだけにすれば良い。(最上位の陽爻、剛が過ぎる)

 

前←易(六)-周易六十四卦-乾・坤

次→易(八)-周易六十四卦-需・訟

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です