オレンジ

易(十一)-周易六十四卦-泰・否

六十四卦(六)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質、つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

11.泰(タイ)泰(地天泰 チテンタイ)上下和合、泰平の道

  性質

  泰は通じ合うことを示す卦である

  乾の卦に坤の卦が乗っている卦で、上に昇ろうとする乾と下に降りようとする坤が互いに交わり通じ合うことを表す

  

  ・泰は、小往き大来る(キタル)。吉にして亨る(トオル)。

    ―陰が行き陽が来て通じ合うので、吉で上手くいく。(小は陰で大は陽を表す)

  

  ・初九、茅(チガヤ)を抜くに茹たり(ジョタリ)、その彙(タグイ)を以ゆ(ヒキユ)。往きて吉なり。

    ―茅(イネ科の植物)を一本引き抜けば、その株全部が従って抜けるように仲間を率いて、進むと吉。(三陽の初爻で卦羲を決める)

  ・九二、荒(コウ)を包ね(カネ)、馮河(ヒョウカ)を用ひ、遐き(トオキ)を遺れず(ワスレズ)、朋亡ぶれば、中行(チュウコウ)に尚ふ(カナフ)を得(ウ)。

    ―穢れを包容する度量と、徒歩で河を渡るような度胸を持ち、疎遠な者のことを忘れずに、私情に流されない公平さを持つならば、泰平な中道を進むことが出来る。(中爻で中正、卦の性質を体現した爻)

  ・九三、平かにして陂かず(カタムカズ)ということなく、往きて復らず(カエラズ)ということなし。艱みて(クルシミテ)貞し(タダシ)ければ咎なし。その孚(マコト)を恤ふる(ウレウル)なかれ。食において福あらん。

    ―行ったものは必ず帰ってくるように、穏やかな安定も崩れないということはない。苦しみに耐え正しい道を進むのなら罪や過ちは無い。誠意を疑う必要はない。食については福がある。(中爻でなく、上卦と通ずる耐える)

  ・六四、翩翩(ヘンペン)たり。富まずしてその鄰(トナリ)を以ゆ。戒めずして以て孚あり。

    ―ひらひらと下りる。隣人を連れ立って富に関心を持たず、弁えた(ワキマエタ)振る舞いをする。これは命令によらず誠意によるものである。(上卦の初爻で剛強な三陽の上に他の二陰を連れ立って下りる)

  ・六五、帝乙(イツ)妹(イモト)を帰がしむ(トツガシム)。以て祉(サイワイ)ありて元吉(ゲンキツ)なり。

    ―殷の王である帝乙が末の妹を降嫁させたように、謙虚さを持つならば幸いであって大吉である。(天子の位だが陰爻の中正で、謙虚である)

  ・上六、城、隍(ホリ)に復る。師(イクサ)を用ふるなかれ、邑より命を告ぐ。貞しけれども吝なり。

    ―城が崩れて堀に落ちる。国内が分裂するが、武力を用いては抑えてはならない。正しい道を守っていても恥を免れない。(泰の卦の極致)

12.否(ヒ)否(天地否 テンチヒ)時代閉塞の現状

  性質

  否は八方塞がりを示す卦である

  泰の卦とは逆に乾(剛強)の卦が坤(柔順)の卦に乗っている卦で、極めて不安定であり、また乾は上に昇り坤は下に降りて背き合うことから、すべてが上手くいかない八方塞がりな状態を表す

  

  ・否は、これ人にあらず。君子の貞しきに利し(ヨロシ)からず。大往き小来る。

    ―陽が行き陰が来るので陰陽交わらず、人の道はなく、君子が正しい道を進んでいても上手くいかない。(陰と陽が背き合う)

  

  ・初六、茅を抜くに茹たり、その彙を以ゆ。貞なれば吉にして亨る。

    ―茅(イネ科の植物)を一本引き抜けば、その株全部が従って抜けるように仲間を率いて、正しい道を行くのなら吉で上手くいく。(初爻で陰の初め まだ背き合うには発展しない)

  ・六二、包承す(ホウショウ)す。小人は吉なり。大人(タイジン)は否にして亨る。

    ―小人は大人の意見を取り入れ従えば吉。大人は八方塞がりの状態でも正しく耐え忍べば上手くいく。(正 五陽と中正)

  ・六三、包羞(ホウシュウ)す。

    ―自己の恥を隠す。これは分不相応な立場にあるからである。(不正、中爻でない)

  ・九四、命ありて咎なし。疇(タグイ)、祉に離く(ツク)。

    ―天命の元に行動すれば罪も過ちもない。仲間と共に福を得る。(不正なので条件付き)

  ・九五、否を休む。大人は吉なり。それ亡びなん、それ亡びなんとて、苞桑(ホウソウ)に繫る(カカル)。

    ―閉塞状態を休止させる。大人は吉だが、この身は桑の葉にぶら下がっているようなもので、いつ亡びてもおかしくはないとして、危機感を忘れず自戒するべきである。(正で中正)

  ・上九、否を傾く。先には否がり(フサガリ)後には喜ぶ。

    ―閉塞状態を打開する機運となる。後になれば喜びが訪れる。(稀に見る最悪の卦の極致であり終わり)

 

前←易(十)-周易六十四卦-小畜・履

次→易(十二)-周易六十四卦-同人・大有

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です