オレンジ

易(二十)-周易六十四卦-習坎・離

六十四卦(十五)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を分かりやすく示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

29.習坎(シュウカン)坎(坎為水 カンイスイ)一難去ってまた一難

  性質

  習坎は重なる険難を示す卦である

  坎の卦が重なる卦であり、その象である険・陥る(坎)が重なり、次々と起こる苦難の状況を示す

  しかし苦難のときにこそ真価が問われる、たじろがずに前に進むこと

  大象は至る所に水がある様子

  

  ・習坎は、孚(マコト)あり。維れ(コレ)心亨る(トオル)。行けば尚ばる(タットバル)ることあり。

    ―信念があり意志を通すことができる。ひるむことなく進めば成功し栄える。(二つの中爻が剛爻で芯が通っている)

  

  ・初六、坎を習ねて(カサネテ)、坎窞(カンタン)に入る。凶なり。

    ―険難が重なり穴に落ち、脱出できない。凶である。(陰爻で険難の始まり)

  ・九二、坎にして険あり。求めて小しく(スコシク)得。

    ―険難の穴にいる。脱出することは出来なくとも、求めれば少しは得るものがある。(中爻で陽爻)

  ・六三、来るも之くも坎坎たり。険にして且つ枕し(チンシ)、坎窞に入る。用ふること勿れ。

    ―上下も前後も険難で深い穴に陥る。何をやっても功はなく、動いてはいけない。(中爻でなく不正、また内卦の坎と外卦の坎の境にあり、どちらに行っても坎)

  ・六四、樽酒(ソンシュ)、簋(キ)あり、弐す(マス)に缶(ホトギ)を用てす(モッテス)。約を納るる(イルル)に牖(マド)よりす。終に咎なし。

    ―酒、穀物に缶(器)を添えるような素朴な儀礼をする。君主と約定をする際も窓から簡素に結ぶ。最終的に罪や過ちはない。(陽爻である九五との近接しており、素朴で簡素な礼を以って接する)

  ・九五、坎盈たず。既に平らかなるに祗る(イタル)。咎なし。

    ―険難は未だ終わらない。辺りが平穏になってから動けば、咎めは無い。(中爻で正)

  ・上六、係ぐ(ツナグ)に徽纆(キボク)を用てし、叢棘(ソウキョク)に寘く(オク)。三歳まで得ず。凶なり。

    ―徽纆(それぞれ二つと三つで縒った縄)で縛られ、棘だらけの草むらに置かれる。三年間は脱出の道を得ず、凶が続く。(陰爻、険難の極致)

30.離(リ)離(離為火 リイカ)情熱のままに

  性質

  離は明智への付着を表す卦である

  離の卦が重なった卦でその象である光と付着の重なりから、明智と付着を示す卦となる

  大象も明(光・明智)の重なりである

  

  ・離は、貞しき(タダシキ)に利し(ヨロシ)。牝牛を畜へば、吉なり。

    ―離の正しい道を進めば良い。牝牛のような柔順さをもてるのならば、成功を収める。(離は火や太陽を象徴する卦であり、正しい燃え付き方をすれば、その光を以って万物を照らすこともできる)

  

  ・初九、履むこと錯然たり。これを敬めば(ツツシメバ)、咎なし。

    ―明かりがなく足跡が散乱する状況。慎んで動けば、咎を受けるようなことはない。(正位の陽爻、よく動くが初爻であり乱れた動きになる)

  ・六二、黄に離けり(ツケリ)。元吉なり。

    ―太陽に付く。大いに成功する。(正の中爻、柔順の徳を備えている)

  ・九三、日昃く(カタムク)の離なり。缶を鼓ちて(ウチテ)歌はざれば、則ち大耊(ダイテツ)の嗟(ナゲキ)あらん。凶なり。

    ―傾いた太陽の明るさ。缶を叩いて歌ったときは過ぎ去り、老いたことを嘆く。凶である。〔太陽(離)たる内卦の終わり 永久に続くものなどない〕

  ・九四、突如としてそれ来如たり。焚如たり、死如たり、棄如たり。

    ―突然行って、焼かれ殺されて棄てられる。(不正、内卦からの引き継ぎが上手くいかずに六五に強引に付こうとし、受け入れられない)

  ・六五、涕(ナミダ)を出すこと沱若(ダジャク)たり。戚ふる(ウレウル)こと嗟若たれば、吉なり。

    ―とめどない涙を流す。王公の位置につき、憂い嘆くのならば吉である。(不正で上下の陽爻に迫られる これらを包み込める器が必要)

  ・上九、王用て出でて征す。嘉き(ヨキ)ことあり首(カシラ)を折く(クジク)。獲る(ウル)ことその醜(タグイ)にあらず。咎なし。

    ―王が軍を率いて国を平定する。良い結果となり元凶を挫くことができる。元凶のその部下たちを寛大に扱えば、咎を受けるようなことにはならない。〔剛健な陽爻、明の極致〕

 

前←易(十九)-周易六十四卦-頤・大過

次→易(二十一)-周易六十四卦-咸・恒

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です