オレンジ

易(十)-周易六十四卦-小畜・履

六十四卦(五)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質、つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

9.小畜(ショウチク)小畜(風天小畜 フウテンショウチク)剛を制する道

  性質

  小畜は少し留まることを表す卦である

  乾の卦に巽の卦が乗っている卦であり、上に昇ろうとする乾の卦を巽の卦が抑えているが、陰爻が一つしかなく少ししか抑えられないため、少し留まることを表す

  

  ・小畜は、亨る(トオル)。密雲あれど雨ふらず、わが西郊よりす。

    ―上手くいく。西(陰の方角)の方に分厚い雲があれども未だ雨は降らない(恵みを与えるには至らない)、つまり上手くいくがまだ十分に成し遂げられない。(それぞれの中爻が陽爻で上手くいくが、陰爻が一つで蓄える力が弱く施すには十分でない)

  

  ・初九、復る(カエル)こと道よりす。何ぞそれ咎あらん。吉なり。

    ―正しい道を守り元の位置に戻る。何の過ちも罪もなく、吉である。(正で正応、昇ろうとするも自身を諫め自分の位置に留まる)

  ・九二、牽きて(ヒキテ)復る。吉なり。

    ―引っ張られ元の位置に戻り、吉である。(昇ろうとするも、初九に引っ張られ自分の正しい位置に戻る、中爻)

  ・九三、輿(クルマ)、輻(フク)を説く。夫妻反目す。

    ―車の輻(ヤ 車輪の外周輪に向かって放射状に伸びている棒)がバラバラになる。夫婦が反目し合う。(不応 本来応じる位置でない六四に留められるが反発する)

  ・六四、孚(マコト)あり。血(イタミ)去り惕(オソレ)出づ。咎なし。

    ―誠意があれば、痛み、恐れ、罪、過ちは無い。〔正で巽(受け入れる)の初爻で、誠意がある〕

  ・九五、孚ありて孿如(レンジョ)たり。富その鄰(トナリ)を以ゆ(ヒキユ)。

    ―誠意をもって手をつなぎ合う。一人で富もうとせずその富で隣人を率いる。(天子の位、正、上下二爻と巽を率いる)

  ・上九、既に雨ふり既に処る(オル)。徳を尚んで(タットンデ)載つ(ミツ)。婦、貞なれども厲し(アヤウシ)。月、望(ボウ)に幾し(チカシ)。君子征けば凶なり。

    ―陰と陽が調和し、十分に留まり力も満ち雨も降った。陰(婦女)は陰の正しい道を守っても危うい。月でも満月に近づけば凶兆であり、君子は進んではいけない。(小畜の卦の極点で陰の力の極点 陰(月)がこれ以上強くなると陽(太陽)と対抗するまでになってしまう)

10.履(リ)履(天沢履 テンタクリ)虎の尾を踏む

  性質

  履は行動の卦である

  兌の卦の上に乾の卦がある卦で、剛強(乾)の後に続き悦んで(兌)行動することを表す

  

  ・虎の尾を履むも、人は咥はず(クラワズ)。亨る。

    ―虎の尾を履むが食われずに済む。上手くいく。〔先人(乾)の知恵を素直に学び取る(兌)ため、あらゆる行動に付き物である危険に遭っても傷付くことは無く、また先人の怒りを買うこともない〕

  

  ・初九、素(ツネ)に履む。往きて咎なし。

    ―本来の性質通りに一人行動する。罪や過ちは無い。(履の初爻、正)

  ・九二、道を履みて坦坦(タンタン)たり。幽人(ユウジン)貞にして吉なり。

    ―坦々と道を行く。正しい道を守るのなら吉である。(九五と応じないが中爻で、つまり君主に従わない正しい態度を守る隠者を表す)

  ・六三、眇(スガメ)にして能く(ヨク)視るとし、跛(アシナエ)にして能く履むとす。虎の尾を履めば、人を咥ふ。凶なり。武人、大君となる。

    ―目や足が不自由でありながら、人並み以上の視力、脚力があると思い込んでいる。武力に頼る者が、暴力により君主になるようなものであり、凶、虎の尾を履めば食われる。(中爻でなく、不正、陰爻だが気だけが剛強で上卦の乾の怒りを買う)

  ・九四、虎の尾を履む。愬愬(サクサク)たれば終には吉なり。

    ―虎の尾を履んでも、慎み深ければ最終的に吉である。(中爻でなく、不正、陰位の陽爻なので慎む)

  ・九五、履むことを夬む(サダム)。貞なれども厲し(アヤウシ)。

    ―確固とした行動をする。正しい行いであるが、あらゆる行動には危険が付き物であることを留意すべし。(中爻で正、先人はいない)

  ・上九、履むを視て祥を考ふ。それ旋る(メグル)ときは元吉(ゲンキツ)なり。

    ―行動を顧みて良し悪しを見る。欠けがなければ大いに吉である。(履の極点)

 

前←易(九)-周易六十四卦-師・比

次→易(十一)-周易六十四卦-泰・否

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です