オレンジ

易(二十三)-周易六十四卦-晋・明夷

六十四卦(十七)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を分かりやすく示すとして記載したが、私の解釈とは一致していない場合もある。

35.晋(シン)晋(火地晋 カチシン)旭日昇天

  性質

  晋は前進を示す卦である。

  坤の卦に離の卦が載っている卦で、明智(離)に付き従って(坤)前進することを表す。

  大象も地上に昇る太陽である。

  

  ・晋は、康侯用て(モッテ)馬を錫はること蕃庶たり。昼日三たび接はる(マジワル)。

    ―国に尽くした諸侯には頻繁に馬が与えられ、謁見は一日に三回も許可される。〔明智(ここでは明君主)に付き従って前進する〕

  

  ・初六、晋如(シンジョ)たり摧如(サイジョ)たり。貞しければ(タダシケレバ)吉なり。孚とせらるること罔けれども(ナケレドモ)、裕か(ユタカ)なるときは咎なし。

    ―自分独りの信念によって進もうとするが、失敗する。信念を貫けば吉である。誠意を認められなくても、悠々としていれば咎めは受けない。(九四と正応だが、不正)

  ・六二、晋如たり愁如(シュウジョ)たり。貞しければ吉なり。玆(コ)の介いなる(オオイナル)福をその王母に受く。

    ―進もうとして、その困難に苦悩する。その正しさ(進むこと)を持続させれば吉である。祖母から大いなる福を受ける。(不応で付き従う対象がおらず苦しむが正、六五から福を受ける)

  ・六三、衆允(マコト)とす。悔亡ぶ。

    ―前進への誠意が民衆に認められる。悔いることはない。(不正だが、下の二陰に認められる)

  ・九四、晋如たる鼫鼠(セキソ)。貞しけれども厲し(アヤウシ)。

    ―不当な位置にまで進んだ鼠。正しい態度を維持しようとしても、危うい。(不正)

  ・六五、悔亡ぶ。失得恤ふる(ウレウル)なかれ。往けば吉にして利しからざることなし。

    ―悔いるようなことはない。損得に一喜一憂してはいけない。進むのならば、喜びがあり、吉で良くないことはない。(不正で不応だが、明智の中爻であるので、悔いはない)

  ・上九、その角に晋む(ススム)。維れ(コレ)用て邑(ユウ)を伐てば(ウテバ)、厲けれども吉にして咎なし。貞しけれども吝なり。

    ―角の部分を進む。自分の領地を平定するのは危ういが、吉であり咎めは受けない。これは正しい行為ではあるが、非難は受ける。(晋の極致で進む場所がないので、自分の領地を平定するが、賊を討伐しなければならない時点で良い統治ができていたとはいえず、非難を受ける)

36.明夷(メイイ)明夷(地火明夷 チカメイイ)艱難汝を玉にす

  性質

  明夷は明智が傷付き敗れることを示す卦である。

  離の卦に坤の卦が載っている卦で、暗闇(坤)に覆い隠される光(離)を表すことから、このような性質がある。

  大象も地に沈む太陽である。

  

  ・明夷は、艱みて(クルシミテ)貞しき(タダシキ)に利し(ヨロシ)。

    ―艱難の状況下にあり、明智を隠すことで正しい志を維持させることができる。

  

  ・初九、明夷る(メイヤブル)、于き(ユキ)飛びてその翼を垂る。君子于き行きて、三日食はず。往くところあれば、主人言ふ(モノイウ)ことあり。

    ―明智が敗れる。これを知って飛んで離れ、翼を収める。君子でも三日食事にあり付けないが、暗愚な環境で禄を貰うような義に反することをするのは、賢明でない。進んで行っても、その場所の君主に非難される。(卦の最下位で明智が敗れるとき)

  ・六二、明夷る、左の股(モモ)を夷る(ヤブル)。用て拯ふ(スクウ)に馬壮ん(サカン)なれば、吉なり。

    ―暗愚の支配が進み、左のももが傷付く。壮健な馬の助けを借りることができるのならば、吉である。(陰爻、正で中爻、初陽の助けが得られれば吉)

  ・九三、明夷る、于きて南狩して、その大首(ダイシュ)を得。疾く貞すべからず。

    ―暗愚に支配される。南に行きその首級を挙げるが、性急に事を進めてはならない。(離の最上位で陽爻 暗愚たる上六と正応であり、その行いを正すことができる)

  ・六四、左の腹に入る。明夷の心を獲て(エテ)、于きて門庭を出づ。

    ―暗愚の内部にいて腹の内を知り、その門庭から出る。(暗闇に染まりきっていない、正)

  ・六五、箕子(キシ)の明夷る。貞しきに利し。

    ―箕子(殷・周王朝時代の政治家 殷王朝最後の王、紂王の暴政を諫めようとするも、聞き入れられず、逆に恨みを買った。そこで箕子はその明智を隠し奴隷に身をやつすことで、自身の正しさを保ちつつ、不当な攻撃を防いだ。紂王が滅びた後、周王朝において復帰し朝鮮を封じられた。)は明智を隠して、志の正しさを保った。このような態度を保てば良い。(中爻)

  ・上六、明かならず(アキラカナラズ)して晦し(クラシ)。初めは天に登り、後には地に入る。

    ―明智ない暗愚。初めは天子として四海を治めるも、後に転落し地に沈む。(明夷、暗闇の極致 最後は自身をも傷つける)

 

前←易(二十二)-周易六十四卦-遯・大壮

次→易(二十四)-周易六十四卦-家人・睽

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です