オレンジ

易(九)-周易六十四卦-師・比

六十四卦(四)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質、つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

7.師(シ)師(地水師 チスイシ)戦いの道

  性質

  師は群れ、集団の卦である

  坤の卦の下に坎の卦がある卦で、大きな包容(坤)の中に不測の危険(坎)が存在する群を表している

  

  ・師(シ)は、貞(テイ)なり。丈人なれば吉(キツ)にして、咎なし。

    ―集団は正しく用いるべきであり、老成した者が統率すれば吉で過ちも罪もない。(六五の元で九二が率いる)

  

  ・初六、師(イクサ)出づるに律を以てす。臧からざれば(ヨカラザレバ)凶なり。

    ―集団を動かすときは規律を定めるべきであり、これが厳正に守られていないと凶である。(卦の初め、つまり集団の初め)

  ・九二、師に在りて中す。吉にして咎なし。王、三たび命を錫ふ(タマフ)。

    ―集団の中で信頼される。吉であり過ちや罪も無い。天子から三回も褒美を賜る〔陽爻(剛強)で他は陰爻(柔順)、六五と中正〕

  ・六三、師或は尸(カバネ)を輿ふ(ニナフ)。凶なり。

    ―集団は敗けて屍を運ぶことになり、凶である。(不正、不応、中爻でもない、坎の極地)

  ・六四、師左き(シリゾキ)次る(ヤドル)。咎なし。

    ―集団は退却する。過ちや罪は無い。(中爻でないが正である)

  ・六五、田(カリ)に禽(エモノ)あり。これを執るに利し(ヨロシ)。咎なし。長子、師を帥ゐ(ヒキヰ)、弟子(テイシ)、尸を輿ふ。貞なるを凶なり。

    ―民を苦しめる害獣がいれば、これを討ち取ると良い。過ちや罪は無い。君子が率いずに小人が率いると敗走することになり、正しい行いでも凶になる。〔九二(君子)と中正、六三、六四に率いらせないこと)

  ・上六、大君(タイクン)、命あり。国を開き家を承く(ウク)。小人は用ふるなかれ。

    ―天子が功績のある者を諸侯にし、卿、大夫に命じる。これをもって国を開かせ、家を承けさせる。しかし小人には金品を与え、このように扱わないこと。〔卦の極地、また坤(地=国)の極地でもある〕

8.比(ヒ)比(水地比 スイチヒ)人の和

  性質

  比は和の卦である

  坤の卦の上に坎の卦が乗っている卦で、険しさ(坎)をも包容(坤)する和を表す

  また土と水で互いに親和している

  

  ・比は、吉なり。原たび(フタタビ)筮し、元永貞なれば、咎なし。寧からざる(ヤスカラザル)ものも方(マサ)に来らん(キタラン)。後夫(コウフ)は凶なり。

    ―吉である。じっくりと協議をし、比の正しい道を長く進むなら過ちや罪は無い。不安がっていた人たちも、やがて慕い寄ってくる。それにも遅れるような人は凶である。〔九五(君子)が中正で正、他の陰爻が慕う〕

  

  ・初六、孚(マコト)ありてこれに比す、咎なし。孚ありて缶(ホトギ)に盈つれば(ミツレバ)、終に(ツイニ)来りて它(タ)の吉あり。

    ―誠意をもって人と付き合えば吉である。甕から溢れるほどの誠意があれば、思わぬ吉事に恵まれる。(比の初爻、初めこそ誠を尊ぶ)

  ・六二、これに比すること内よりす。貞にして吉なり。

    ―自分から人と付き合う。比の正しい徳を表し、吉である。(正で中爻、九五と中正)

  ・六三、これに比すること人にあらず。

    ―付き合おうという気持ちはあるが、周りがふさわしくないばかり。〔不応であり、比も悪い(承けも乗りも陰爻同士)〕

  ・六四、外(ホカ)これに比す。貞にして吉なり。

    ―外の人と付き合う。正しい道であり吉である。(不応なので、目上の九五を承ける)

  ・九五、比を顕らか(アキラカ)にす。王用て(モッテ)三駆して前禽を失ふ。邑人(ユウジン)も誡めず(イマシメズ)。吉なり。

    ―和を体現する。王が狩りをするときは三方を囲み一方は開けておき、そこから逃げるものは追わない。このように来る者拒まず去る者追わずの精神で動くなら吉である。(天子の位、中正、正)

  ・上六、これに比せんとすれども首(カシラ)なし。凶なり。

    ―付き合おうとしても、とうに時機を逸した。凶である。〔卦の最上位、陰爻(柔順)〕

 

前←易(八)-周易六十四卦-需・訟

次→易(十)-周易六十四卦-小畜・履

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です