オレンジ

易(十八)-周易六十四卦-无妄・大畜

六十四卦(十三)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

25.无妄(ムボウ)无妄(天雷无妄 テンライムボウ)流れのままに

  性質

  无妄は人為を排した自然の道理を指す

  乾の卦が震の卦に乗っている卦で、剛健(乾)に偽りなく(卦の主が陽爻で正位にいる※一陽二陰の卦では一陽が主爻)動く(震)もの、つまり自然の原理を表す

  また大象は天に轟く雷鳴であり、これも全てが従う自然の原理を表す

  

  ・无妄は、元い(オオイ)の亨り、貞しき(タダシキ)に利し(ヨロシ)。それ正にあらざれば眚(ワザワイ)あり。往くところあるに利しからず。

    ―すべて上手くいく。自然の道理に反抗しなければ良いが、反すれば災いがふりかかる。道理に身を委ねずに進んで動くのは良くない。(九五と六二が中正)

  

  ・初九、无妄なり。往けば吉なり。

    ―私意を排した偽りのない心であり、進めば吉である。(卦の主が陽爻で正位にいる※一陽二陰の卦では一陽が主爻)

  ・六二、耕穫(コウカク)せず、菑畬(シヨ)せざれば、則ち往くところあるに利し。

    ―耕作も収穫も開拓もせず、富もうとせずに作為なく進むのならば良い。(陰爻で正、九五と中正)

  ・六三、无妄の災あり。或はこれが牛に繋ぎ、行人(コウジン)の得るは、邑人の災なり。

    ―予期しない災いに遭う。例えば繋いでおいた牛が通りがかりの人に取られ、その嫌疑を無実の村人が受けるというような災いである。(不正で中爻でない)

  ・九四、貞しくすべし。咎なし。

    ―道理に固く従うならば、過ちや罪はない。(不応で不正、乾の初爻)

  ・九五、无妄の疾(ヤマイ)あり。薬することなくして、喜びあり。

    ―予期しない病に罹る。薬を用いずに快癒する。(中正で正、人為を排した无妄の徳を備える)

  ・上九、无妄なり。行けば眚あり。利しきところなし。

    ―私意を排した心を持つ。自ら進めば災いがあって良いことは無い。(无妄の極致であり、私意はないが進むところが無い)

26.大畜(ダイチク)大畜(山天大畜 サンテンダイチク)大いなる蓄積

  性質

  大畜は多大な蓄積を表す

  乾の卦に艮の卦が乗っている卦で、剛強な力(乾)を大いに留める(艮 外卦で内卦より上位で最上位には陽爻 陽を以って陽を抑える)ことを表すため、多大な蓄積を意味する

  

  ・大畜は、貞しきに利し。家食(カショク)せずして、吉なり。大川を渉るに利し。

    ―大畜の正しい道を行けば吉であり、また家に籠らずに活動すれば吉である。大きな川を渡るような大事を行っても良い。(中正)

  

  ・初九、厲き(アヤウキ)ことあり。已むに利し。

    ―進めば危うく留まるのが良い。(六四と応じ、留められる)

  ・九二、輿(クルマ)、輹(フク)を説く。

    ―車の輹(車体と車軸を繋ぐ部品)を自ら外して進まず、罪も過ちもない。(六五と中正で自ら止まる)

  ・九三、良馬逐ふ。艱貞(カンテイ)に利し。日に輿衛(ヨエイ)を閑へば(ナラエバ)、往くところあるに利し。

    ―良馬が後を追って進む。苦心して留まって、力を養うという大畜の正しい道を進むと良い。日々、車の防衛術(猪突猛進せずに御すこと)を学び、自らを御して上(上九)と志を合わせるのならば、進むのが良い。(剛健の極致 上九と不応で、留められずその後を追う)

  ・六四、童牛(ドウギュウ)の牿(コク)なり。元吉なり。

    ―子牛に牿(人を傷付けないための角に付けた横木)をつけるように、軽率な進みを留めて危険を未然に防ぐ。大いに吉である。(初九と正応、また初九は初爻で力は弱い)

  ・六五、豶豕(フンシ)の牙なり。吉なり。

    ―牙による危害を小さくするために猪を去勢するように、軽率な進みを留めて危険に対処する。吉である。(九二と中正で、柔順に留める)

  ・上九、何ぞ天の衢(ミチ)。亨る。

    ―天の道理に通じ、自由自在に進む。すべて上手くいく。(蓄積の極致であり、障害は最早なくなる)

 

前←易(十七)-周易六十四卦-剝・復

次→易(十九)-周易六十四卦-頤・大過

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です