オレンジ

易(十七)-周易六十四卦-剝・復

六十四卦(十二)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

23.剝(ハク) 剝(山地剝 サンチハク)しのびよる危機

  性質

  剝は剥がれ落ちることを示す卦である

  艮の卦が坤の卦に乗っている卦で、五つの陰爻が一つの陽爻を侵食すること、また山(艮)が崩れて地(坤)と化すことから、剥がれ落ちるということを表す

  

  ・剝は、往くところあるに利しからず(ヨロシカラズ)。

    ―進んで動くのは良くない。〔圧倒される陽爻、従い(坤)止まる(艮)べき〕

  

  ・初六、牀(ショウ)は剝するに足に以ぶ(オヨブ)。貞しきを蔑す(ホロボス)。凶なり。

    ―寝台の足が崩れる。秩序が壊れるため凶である。(陽爻を削る)(この卦の爻がの形に見えるため、寝台に例えられる)

  ・六二、牀は剝するに弁に以ぶ。貞しきを蔑す。凶なり。

    ―寝台は足の付け根部分まで崩れる。秩序が壊れるため凶である。(陽爻を削る)

  ・六三、これを剝す。咎なし。

    ―他の四陰から離れ、罪や過ちはない。(上六と正応する)

  ・六四、牀は剝するに膚(ハダエ)に以ぶ。凶なり。

    ―侵食は寝台の上にいる身体まで及ぶ。凶である。(秩序だけでなく、身体まで崩壊が及ぶ)

  ・六五、貫魚のごとく、宮人を以ゐて寵せらる。利しからざるなし。

    ―魚を貫くように官人を欠けることなく率いて、王の寵愛を受ける。罪や過ちはなく上手くいく。(他の四陰を率いて陽爻(上爻)の寵愛を受ける)

  ・上九、碩いなる(オオイナル)果(コノミ)食はれず。君子は輿(ヨ)を得、小人は盧を剝す。

    ―立派な木の実が一つ残っている。この爻に君子がいるならば民に担がれるが、小人ならば自らを守る屋根を崩すことになる。(陽爻が削られずに残り、また次の卦である復では一陽が生じている)

24.復(フク)復(地雷復 チライフク)一陽来復

  性質

  復は復活を示す卦である

  震の卦が坤の卦を受けている卦であり、地(坤)中の奥深くに動く(震)ものがあること、また陰の支配の中に陽が芽生えるということから、陽気の再起、復活を意味する

  冬が極まって春が再起し始める冬至がある十二月(陰暦十一月)を示す卦でもある

  

  ・復は亨る。出入に疾なく、朋来るに咎なし。その道を反復し、七日にして来り復す。往くところあるに利し。

    ―上手くいく。出ても帰っても障害はなく、友人が来ても罪や過ちはない。道を巡り七日で復帰する(陰が生じ始めて(姤姤)から陰が極まり(坤 六十四卦)、再び陽が芽生える(復復まで七爻、また七曜)。進んで動くと良い。〔動き(震)に従う(坤)、または道理に順応(坤)して動く(震)ため、陽爻は順調に進む〕

  

  ・初九、遠からずして復る(カエル)。悔に祇る(イタル)ことなし。元吉なり。

    ―大きな過ちを犯すことなく正しい道に戻る。悔いるようなことにはならず、大吉である。(初爻のため過ちは小さい、復の卦の主役であり復帰の性質がある)

  ・六二、休く(ヨク)復る。吉なり。

    ―立派に正道に戻る。仁に従って、吉である。(正で中爻 初陽に従う)

  ・六三、頻ば(シバシバ)復る。厲う(アヤウ)けれども咎なし。

    ―何度か過ちを犯すがその度に正道に戻るため、危うくも咎めはない。〔不正で動(震)の極致のため動きすぎる〕

  ・六四、中行(チュウコウ)して独り復す。

    ―途中で一人、正道に戻る。(初爻と正応で、他の五陰から離れ初陽に従う)

  ・六五、敦く(アツク)復る。悔なし。

    ―誠実な心を以って正道に戻る。中庸を守り自らの頭で考えて、悔いはない。(天子の位で中爻)

  ・上六、復るに迷ふ。凶なり。災眚(サイセイ)あり。用て師を行れば(ヤレバ)、終に大敗あり。その国君に以ぶ(オヨブ)。凶なり。十年に至るまで征する克はず(アタワズ)。

    ―正道に戻る道に迷う。凶である。君主にまで及ぶほどの人災天災があり、軍隊を動かせば大敗する。十年経っても敵を征服できない。凶である。(卦の最後の爻であり、最後まで戻れない)

 

前←易(十六)周易六十四卦-噬嗑・賁

次→易(十八)-周易六十四卦-无妄・大畜

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です