オレンジ

易(十二)-周易六十四卦-同人・大有

六十四卦(七)

詳しい前書きは易(六)を参照

本文の構造としては、性質の部分がその卦の性質、つまりその卦に対応する物事の性質を表し、の部分が該当する物事への総合的な対処方法、の部分は卦の性質の構成物としての性質の詳細情報と、該当する物事への細かい対処方法である。

書き下し文は卦辞、爻辞のみで「中村璋八・古藤友子(1992)『周易本義』明徳出版社」を引用している。しかしその解釈文は、卦辞、爻辞、彖伝、象伝なども参考にしたものであり、また引用文とは異なった書き下し方をして解釈した部分もあるので、書き下し文と解釈文が食い違うことがあるということをご留意願いたい。

またそれぞれの卦の後ろの一言は「丸山松幸訳(1973)『易経-中国の思想第七巻-』徳間書店」の引用である。一言でその性質を示すとして記載したが、私の解釈とは合わない場合もある。

13.同人(ドウジン)同人(天火同人 テンカドウジン)友を求めて

  性質

  同人は志を同じくすることを示す卦である

  離の卦に乾の卦が乗っている卦で、剛健(乾)に付く(離)、また天(乾)と火(離)の昇るという双方に共通した性質をもつため、志が同じ方向に進むことを示す

  

  ・人に同じふするに野においてす。亨る(トオル)。大川(タイセン)を渉るに利し(ヨロシ)。君子の貞しき(タダシキ)に利し。

    ―広く人と交われば上手くいき、大きな川を渡ることも出来る(困難を乗り越えることが出来る)。君子はこの卦(同人)の正しい道を進むと良い。(六二を中心に広く交わる 九五と六二が正で中正、加えて知性を表す離が内卦に、剛健を表す乾が外卦にあり、君子の道である)

  

  ・初九、人に同じふするに門においてす。咎なし。

    ―門から出て同志を探す。罪や過ちは無い。〔応じる相手(九四)はいないため、広く探す〕

  ・六二、人に同じふするに宗(ソウ)においてす。吝なり。

    ―特定の集団内で同志を探して、恥をかく。(正で中正、九五と強く応じてしまう)

  ・九三、戎(ツワモノ)を莽〔(大を犬に替えて)クサムラ〕に伏せ、その高陵(コウリョウ)に升る(ノボル)。三歳まで興さず。

    ―兵を草むらに忍ばせ丘に登り敵の様子を窺うが、三年経っても兵を起こせない。(唯一の陰爻である六二と接近しようとして、六二と正応している九五と対抗するが、九五は正で中正)

  ・九四、その墉(カキ)に乗るも、攻むる克はず(アタワズ)。吉なり。

    ―城壁まで攻めいったが、そこから攻めることは出来ない。身の程を知り、ここで引き返せば吉である。〔中爻でない 六二に接近しようとし九三に対抗するが、不正(陰の位)であるため思い止まる〕

  ・九五、人に同じふするに、先には号き(ナキ)咷びて(サケビテ)後には笑ふ。大師克ちて相い遇ふ。

    ―同志を探す際、最初は泣き叫ぶが最後には笑う。大軍を以って勝ち、同志と会うことが出来る。(正で中正 九三と九四に打ち勝つ)

  ・上九、人に同じふするに郊においてす。悔(クイ)なし。

    ―荒涼とした地にいて同志が見つからないが、悔いはなし。(九三と不応 この卦の極致)

14.大有(タイユウ)大有(火天大有 カテンタイユウ)真昼の太陽

  性質

  大有は全てを有することを表す卦である

  乾の卦に離の卦が乗っている卦で、天(乾)の上に火(離)があり、つまり輝く太陽により全てが満ち足りたことを表す

  

  ・大有は、元いに亨る。

    ―全て上手くいく。(天子の位を得た陰爻が他の五陽を包容し従える)

  

  ・初九、害に交る(ワタル)ことなし。咎にあらず。艱めば(ナヤメバ)則ち咎なし。

    ―害の影響を受けていないため、過ちや罪はない。今後も自戒に努めれば過ちや罪は無い。〔不応 大有の卦の初爻(卦義を司る)〕

  ・九二、大車(ダイシャ)以て載す(ノス)。往くところあり、咎なし。

    ―大きな車に重い荷物を載せ進むように、大任を帯び果たすことが出来る。過ちや罪もない。(中正 剛健で大任に耐える)

  ・九三、公、用て(モッテ)天子に亨す(キョウス)。小人は克はず(アタワズ)。

    ―諸侯が君主を饗宴でもてなす。小人は出来ない。(諸侯の位で正 六五を仰ぐ)

  ・九四、その彭(サカン)なるにあらず。咎なし。

    ―栄えるが極めず、君主の権威を守る。過ちや罪は無い。(剛健だが不正で自制する)

  ・六五、その孚(マコト)、交如(コウジョ)たり。威如(イジョ)たれば吉なり。

    ―誠意を以って人と交わる。付け焼刃でない権威があれば吉である(柔順の陰爻も君主であるので、時には剛健さが必要という戒め)。(中爻で中正)

  ・上九、天よりこれを祐く(タスク)。吉にして利しからざることなし。

    ―天による助けを得る。吉にして万事順調。(卦の極致で陽爻であるが、六五を尊び従う)

 

前←易(十一)-周易六十四卦-泰・否

次→易(十三)-周易六十四卦-謙・豫

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です