日本の神々-古事記編-国生みによる神々

国生みの時に生まれた神々

水蛭子(ヒルコ)

  伊邪那岐伊邪那美が生んだ骨の無い蛭のような子

  両神によって葦の船に入れられ放流された

・淡島(アワシマ)

  伊邪那岐伊邪那美が生んだ島

淡路之穂之狭別島(アワジノホノサワケノシマ)(淡路島)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  淡路島を神格化したもの

伊予之二名島(イヨノフタナノシマ)(四国)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  体は一つで顔は四つあり、その顔ごとに名前がつけられ神格化されている

    ・愛比売(エヒメ) 伊予の国(愛媛県) 麗しい女性の意である

    ・飯依比古(イイヨリヒコ) 讃岐の国(香川県) 穀霊が依り憑く男性の意である

    ・大宜都比売(オオゲツヒメ) 粟(阿波)の国(徳島県) 穀物を司る女性の意である 神生みの段にも同名の神が出てくる

    ・建依別(タケヨリワケ) 土佐の国(高知県) 雄々しい霊が依り憑く男性の意である

天之忍許呂別(アメノオシコロワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  多くの島々が凝り固まったという意である

  隠伎之三子島(オギノミツゴノシマ)(島根北部 隠岐諸島)を神格化したもの

筑紫ノ島(九州)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  体は一つで顔は四つあり、その顔ごとに名前がつけられ神格化されている

    ・白日別(シラビワケ) 筑紫ノ国(筑前・筑後) 太陽の「輝く」という性質をもつ男性の意である

    ・豊日別(トヨヒワケ、トヨビワケ) 豊国(豊前・豊後) 太陽の「豊穣をもたらす」という性質をもつ男性の意である

    ・建日向日豊久土比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ) 肥ノ国(肥前・肥後)

    建日別(タケヒワケ、タケビワケ) 熊曾ノ国(熊曾族の住んだ国) 太陽の「雄々しい」という性質をもつ男性の意である

天比登都柱(アメヒトツバシラ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  伊伎ノ島(イキノシマ)(九州玄界灘 壱伎ノ島)を神格化したもの

・天之狭手依比売(アメノサデヨリヒメ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  津島(対馬)を神格化したもの

・天御虚空豊秋津根別(アメノミソラトヨアキヅネワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた大八島国の一つ

  大倭豊秋津島(オオヤマトトヨアキツシマ、オオヤマトトヨアキヅシマ)(畿内地域)を神格化したもので、これは後に本州を指す総名となる

  また大倭豊秋津島は五穀が豊かに実る島の意である

・建日方別(タケヒガタワケ、タケヒカタワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  吉備ノ児島(キビノコジマ)(岡山南部 児島半島)を神格化したもの

・大野手比売(オオノデヒメ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  小豆島(アズキシマ)(香川県 ショウドシマ)神格化したもの。

・大多麻流別(オオタマルワケ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  大島(瀬戸内海の島 未詳)を神格化したもの

・天一根(アメヒトツネ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  女島(ヒメジマ)(大分県 姫島)を神格化したもの

・天之忍男(アメノオシヲ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  知訶島(チカノシマ)(長崎県 五島列島)を神格化したもの

・天両屋(アメフタヤ)

  伊邪那岐伊邪那美国生みのときに生まれた

  両児島(フタゴノシマ)(長崎県 五島列島)を神格化したもの

 

前←古事記編-伊邪那岐・伊邪那美神-後

次→古事記編-神生みによる神々-前

スポンサーリンク

日本の神々-古事記編-創成

※括弧付きの数字は記事番号で、この記事外の時系列(原典表記順)で、その神についての説明があった場合に、説明の前に付けてある

時系列で追っていきたい場合はその部分は読み飛ばすことを推奨する

別天つ神(別天神)(コトアマツカミ

  別天つ神-天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)から天之常立神(アメノトコタチノカミ)までの五柱の神の総称、以下参照

  造化三神

    造化三神-天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)から神産巣日神(カムムスヒノカミ・カムムスビノカミ)までの三柱の神の総称、以下参照

 ・天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)

     男女の性をもたない単独神で、天の中心にいる主宰神

     造化三神別天つ神(コトアマツカミ)の内の一柱

     自ずから出現し、目に見える姿として現れることは無かった

  ・高御産巣日神(タカミムスヒノカミ・タカミムスビノカミ)

     世界の生成を司る男女の性をもたない単独神で、造化三神別天つ神(コトアマツカミ)の内の一柱

     自ずから出現し、目に見える姿として現れることは無かった

     思金神(オモイカネノカミ)の親

     別名に高木神(タカキノカミ 天若日子(アメノワカヒコ)の還矢の段に初出)がある

     (17)国譲り

     葦原中つ国を治めるのは、天照大御神の子どもの正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤビアメノオシホミミノミコト)であるとして、これを地上に降らせようとしたが、地上には荒々しい国つ神が数多くいるとの報告を受けて、思金神(オモイカネノカミ)を含む神々を天安河に集め、どの神を地上に遣わせれば国つ神たちを帰順させることが出来るかを議論させた

     何度も神を遣わすも尽く失敗し、結局三度目の会議の後、建御雷之男神を遣わすことで国つ神を帰順させることに成功した

    →詳細は古事記編-葦原中つ国の統治権の記事へ

     また二度目に会議の結果によって遣わした天若日子が射った矢を、反逆の心を持っているならば当たるようにという呪いをかけて衝き返して、同神を殺した

    →詳細は天若日子の還矢の段へ

     (24)天照大御神の子孫である神倭伊波礼毘古命が登美能那賀須泥毘古(トミノナガスネビコ)や熊野の荒ぶる神などに悩まされている様子を見て、天照大御神と共に建御雷之男神にもう一度天降るように持ち掛けるが、建御雷之男神は自身の代わりに、葦原中つ国の平定を担った大刀である佐士布都神を降ろすのが良いと言い、両神はこれを承諾した

  →詳細は神武東征-前の熊野の段へ

  ・神産巣日神(カムムスヒノカミ・カムムスビノカミ)

     世界の生成を司る男女の性をもたない単独神で、造化三神別天つ神(コトアマツカミ)の内の一柱

     自ずから出現し、目に見える姿として現れることは無かった

     少名毘古那神(スクナビコナノカミ)の親

     (11)須佐之男に殺された大宜都比売神(オオゲツヒメノカミ)の遺骸から蚕、稲種、粟、小豆、麦、大豆が生まれ、これを集めて種とさせた

     →詳細は須佐之男の記事の該当段へ

     (13)大国主神が殺されたことを刺国若比売(サシクニワカヒメ)から聞き、その蘇生のために貝比売(キサガイヒメ)蛤貝比売(ウムギヒメ)を遣わした

     →詳細は大国主神-前の八十神の虐げの段へ

・宇麻志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)

  男女の性をもたない単独神

  別天つ神(コトアマツカミ)の内の一柱

  水に浮かんだ油のように漂う地上から、葦が芽吹くように上に伸びたものから生まれる

  目に見える姿として現れることは無かった

  葦の新芽のような勢いを示す

・天之常立神(アメノトコタチノカミ)

  男女の性をもたない単独神

  別天つ神(コトアマツカミ)の内の一柱

  水に浮かんだ油のように漂う地上から、葦が芽吹くように上に伸びたものから生まれる

  目に見える姿として現れることは無かった

  永遠の天を表す

神世七代(カミヨナナヨ) 前

  神代七世-単独神は一柱で、男神女神は二柱一対で一代とし、国之常立神(クニノトコタチノカミ)から伊邪那美神(イザナミノカミ)までの七代のことを指す

  六代まで以下参照

・国之常立神(クニノトコタチノカミ)

  男女の性をもたない単独神

  神代七世(カミヨナナヨ)の一代目

  水に浮いた油のように漂っていた地から生まれる

  地が神格化したもの

  目に見える姿として現れることは無かった

・豊雲野神(トヨクモノカミ)

  男女の性をもたない単独神

  神代七世(カミヨナナヨ)の二代目

  水に浮いた油のような地が少しずつ固まっていく段階で生まれる

  その目に見える姿として現れることは無かった

・宇比地邇神(ウヒジニノカミ、ウヒヂニノカミ)

  男性神 須比智邇神(スヒジニノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の三代目

  水に浮いた油のような地が、次第に土と水(海)に分かれていく過程で生まれる

・須比智邇神(スヒジニノカミ、スヒヂニノカミ)

  女性神 宇比地邇神(ウヒジニノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の三代目

  水に浮いた油のような地が、次第に土と水(海)に分かれていく過程で生まれる

・角杙神(ツノグイノカミ)

  男性神 活杙神(イクグイノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の四代目

  土が次第に固まっていく過程で生まれ、土に植物が芽吹いていくことを示す

・活杙神(イクグイノカミ)

  女性神 角杙神(ツノグイノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の四代目

  土が次第に固まっていく過程で生まれ、土に植物が芽吹いていくことを示す

・意富斗能地神(オオトノジノカミ、オオトノヂノカミ)

  男性神 大斗乃弁神(オオトノベノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の五代目

  大地がしっかりと固まる過程で生まれる

・大斗乃弁神(オオトノベノカミ)

  女性神 意富斗能地神(オオトノジノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の五代目

  大地がしっかりと固まる過程で生まれる

・淤母陀琉神(オモダルノカミ)

  男性神 阿夜訶志古泥神(アヤカシコネノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の六代目

  大地が十分に整ったことから生まれる

・阿夜訶志古泥神(アヤカシコネノカミ)

  女性神 淤母陀琉神(オモダルノカミ)の配偶神

  神代七世(カミヨナナヨ)の六代目

  大地が十分に整ったことから生まれる

  この時「あやにかしこし」と喜びの声をあげた

 

前←古事記編-前書き

次→古事記編-伊邪那岐・伊邪那美神-前

スポンサーリンク

日本の神々-古事記編-前書き

前書き

古事記とは、稗田阿礼が暗誦したものを太安万侶が編纂したもので、その成立過程が故に物語的な形式をとる。成立は西暦712年元明天皇の御世であり、西暦720年の日本書紀よりも早い、日本最古の歴史書である。

本居宣長の注釈以後は今ほど重要視されてはいなかったようだが、現在は日本神話といえば古事記というほど知名度が高い。

ここでは、その古事記の中に現れる神々を時系列で辞書的にまとめていく。というのも、古事記の物語的な形式は神々の一柱ごとの説明としては不向きであると考えたからである。

古事記を読み込んでいる人だけでなく、古事記を初めて読んだ人、これから読もうと思っている人にとっても、その知識の整理、体系化の一助になると考えられる。また物語的な形式は個々が理解しにくいと感じるような人にとっては、これを追って見ていくだけで、古事記の概ねの理解は可能であると思っている。

それぞれの目的のための一助となれば幸いである。

参考文献

「新校 古事記」沖森卓也・佐藤信・矢嶋泉編 株式会社おうふう

「現代語訳 古事記」福本武彦訳 河出文庫

「古事記」緒方惟章訳 勉誠出版

「新版古事記」中村啓信訳注 角川文庫

画像データ使用

「http://www.craftmap.box-i.net/」日本地図データ

 

次→古事記編-創成

スポンサーリンク